文房具好きがおすすめする文房具まとめ

転職はもっと気軽で良いと思う。一つの会社に留まる必要はない。

転職は気軽で良い

どうも、2013年4月に大学を卒業してから5年の間に3回も転職をした団子です。先日リア友から「ジョブホッパー」とか呼ばれましたが気にしていません。

さてさて、日本は最初に就職した会社に定年まで身を置くことが美徳とされる文化が根強いなーと感じます。私も初めて転職するまでは「転職はしないに越したことはない」とか考えていました。

しかし実際の転職をしてみると「定年まで一社に勤めているよりも転職した方がいいじゃん!」ということが多々ありました。今回は転職なんてもっと気軽にやっていいじゃんというテーマで、転職するメリット等を綴っていきます!

転職はもっと気軽にしてもいいと思う

嫌な職場や上司とおさらば!

一番最初に転職をした理由が「職場が嫌!上司のパワハラに耐えられない!ストレスがヤバイ!」といったものでした。

最初は「入社した会社で定年まで頑張っていく」という考えがあったので転職についてはあまり考えていませんでした。しかし状況は段々と悪化していき仕事がただただストレスで精神的にボロボロになり、またストレスが原因で歯ぎしりをするようになって歯痛がひどくなっていきました。「このままでは本気でヤバイ」と感じ、ついに転職を決意しました。

その後無事に転職できましたが、嫌な職場や上司がいなくなってストレスから開放されて、歯ぎしりが収まり歯痛もなくなっていきました。

根性論が蔓延る日本で「ストレスで転職なんてけしからん!」と考える人は多いかもしれませんが、ストレスが溜まる環境で働き続けることは健康的によくありませんし、それが命を落とす人もいるため侮ってはいけません

ストレスから開放されるために転職するのは一種の自己防衛です。自分の健康を守るためにと考えたら一歩踏み出しやすくなるのではないでしょうか

転職しても給与は下がらないし、むしろ上げることもできる

ヘッドハンティング以外で転職すると「給料が下がる」というイメージを持っている方もいるかと思います。

実際のところ特に給料は下がりませんし、むしろ給料を上げることもできます。私も最初に勤めていた会社は年収300万円程でしたが、転職した会社では年収350万円と50万円もアップしました。その後に2回転職していますが、元々いた建設業界からWeb業界への転職だったためそのときは給与アップはしませんでしたが、いずれも入社前に交渉して以前と同一水準の給与で働いています。

同じ業界や転職前の仕事が活かせる職への転職であれば給与アップは狙えます。他の業界への転職となると給与アップは難しいかもしれませんが、それでも交渉すれば以前と同程度の給与はもらえます。なので「給与が下がるのでは」という心配は不要でしょう!

自分の市場価値が分かる

実際に転職するかどうかはともかく、転職活動して企業と面接等をすれば自分の市場価値を知ることができます

自分の市場価値を知ることのメリットとしては、「自分の給与は適正なのか」を知ることができることです。一つの会社に勤めているだけでは自分の価値というのは分かりづらいものですが、自社と他社の待遇を比較してみることで自分の市場価値が見えてきます。

自分の価値を知ることができれば今の勤務先と給与アップの交渉もしやすくなりますし、仮に交渉がうまく行かなければ転職してしまえばいいだけの話です。自分の市場価値を知ることで年収アップや待遇アップに繋げられます。

またミイダスという転職サイトでは登録するだけで自分の市場価値が分かるようになっているため、まずは登録だけしてみて年収アップが望めそうならば転職活動してみるのもありかと思います。

転職した会社が合わないと感じたら、またすぐに転職しても構わない

「転職した会社がひどい会社だったらどうしよう…」という悩みもあるかもしれませんが、転職後にダメだと感じたらすぐに転職しても問題ありません。実際に私も入社して6ヶ月でまた転職した経験がありますので。

私の場合、入社前に聞かされていた職務内容と、入社後に実際にやっていた業務が異なっていたため半年で転職しました。このとき多少の不安はありましたが、「理由が明確でも半年でまた転職するようなやつはダメという会社はこちらから願い下げだ!」という気持ちで転職活動に望みましたが、無事に転職できました

理由が明確なら、転職後にまたすぐに転職活動しても構わないのです。実際に入社してみないと分からないことが多いですし、入社してから「この会社はダメだ!」と感じたらまた新しく転職活動を始めてしまいましょう。それくらい気軽にやった方がきっと良い職場に巡り会えます。

まとめ

初めて入社した会社にずっと留まることもかなりのリスクがあるかと思います。

もちろん良い会社ならずっといるのもありですが、

  • 職場環境が最悪または人間関係が厳しくてストレスが溜まりに溜まる
  • 自分の給与はこれが適正なのか
  • 転職したばかりだけど実際に入社したらヤバイ会社だったからさっさと辞めたい

こんな感じで職場や待遇について少しでも疑問に感じたことがあれば、それだけでも気軽に転職活動を始めてみても良いかなと思います。

おすすめの転職サイト

ここからは5年のうちに転職を3回も行った私が実際に使用してよかったと思った転職サービスを紹介します!

ミイダス

面接確約
『MIIDAS』は自分に興味がある企業がアプローチをしてくれる転職サービスです。プロフィールや経歴を登録しておけば、そこから「この人材に興味がある!」と判断した企業からオファーを送られてくるので、会社に勤めながら転職活動している人にとって非常にありがたいサービスとなっています。しかも登録するだけで自分の市場価値が分かるため、給与アップにつながるかどうかも分かりやすくなっています

またMIIDASを通じて送られてくるオファーは面接確約済み…いわばいきなり書類選考に通過した状態でスタートできるため、転職活動がかなりスムーズに進んでいきます。書類選考の結果を待つのは結構ストレスがかかるので、開放的な気持ちで転職活動に臨めるのが魅力のサービスです。

マイナビジョブ20’s



新卒で入社して3年以内…第二新卒の転職であればマイナビジョブ20’sのような第二新卒をメインターゲットにした転職サービスをおすすめします。

リクナビネクストやマイナビ転職で求人を探すのもありですが、第二新卒や20代専門の転職エージェントがいるという点でやはり心強いです。実際に私も初めての転職活動の際にはマイナビジョブ20’sで初めての転職を決めましたので!

「入社してまだ3年も経っていないけど、転職したい…」と悩んでいる方は、とりあえず3年という言葉を気にせずに、まずは第二新卒向けの転職のプロに相談してみましょう!