文房具好きがおすすめする文房具まとめ

上司に「理由を言え」と聞かれ答えたら「言い訳するな」とキレられた話。どうすればいいんだよ…?

警戒

大学を卒業して最初に入社した会社にいた頃の話。私は建材メーカーの営業として、よく商社の人と同行営業していました。

ある商社の案件で、新規獲得を狙っていて受注目前まで行っていた工務店がありました。価格的にもOKをもらっており、後は発注書を送ってもらうだけといった感じ。私も私で「これはもらった」と完全に獲得した気でいました。

ですが、最後の最後で「施主さんの都合で色が変更になって、おたくの商品にほしいその色がなかったから、やっぱりいつものメーカーにしちゃったわ」とまさかの失注。

「色がないとかうちのメーカーもっと頑張れよ」と商社の人にも申し訳ない気持ちでいっぱいになりながら、上司にこの案件が失注したことを伝えると、めっちゃキレました。

上司

どうして失注したんだ!?理由を説明してみろ!!

団子

(やべぇブチ切れてるよ)うちの商品にほしい色が無いということで、最後の最後で失注になりました

上司

色だぁ…?そんな言い訳をするな!!

団子

は?

うちのメーカーのカラーバリエーションが競合他社に劣っていたから失注したというのに、それを「言い訳だ」と言い始めました。じゃあどうすればよかったのか…。

こんな上司の理不尽、どう対処すればいいのかを考えてみました。

そもそも『理由』という言葉に「言い訳」という意味が含まれている

そもそも『理由』と『言い訳』って何がどう違うのかと思い、まずは『理由』の言葉の意味を辞書で調べてみたのですが…

1 物事がそうなった、また物事をそのように判断した根拠。わけ。子細 (しさい) 。事情。「健康上の理由で辞職する」
2 いいわけ。口実。「風邪を理由に休む」
3 哲学で、論理的関係においては結論に対する前提、実在的関係においては結果に対する原因。根拠。⇔帰結。
引用元:理由(りゆう)の意味 – goo国語辞書

はい、いきなり『いいわけ』って言葉が出てきましたね!

一応『言い訳』の言葉の意味を調べてみたらこんな感じ。

1 そうせざるをえなかった事情を説明して、了解を求めること。弁解。弁明。「遅刻の言い訳」「いまさら言い訳してもおそい」
2 (言い分け)言葉を別々の意味に分けて使うこと。
3 物事の筋道を説明すること。解説。
引用元:言(い)訳/言(い)分け(いいわけ)の意味 – goo国語辞書

二語の意味を調べてみたところ、「理由」という言葉の中に『言い訳』の意味が含まれています。『言い訳』は使う場面や意味を『理由』よりも狭めた言葉のようですね。

というわけで、「理由を言え」の後に「言い訳するな」というのはそもそも国語的に狂っているんですよね。

「理由を言え」→「言い訳をするな」への対処方法とは?

「理由を言え」と言ったのはそちらでは?

「理由を言え」と言ったのはそちらじゃないですか!?

私が実際に返事をしたのが上記のような言葉でした。まあ、ごくごく普通の疑問だと思います。「理由を言え」と言われたから答えたまでですし…。

これで上司が素直に「お、そうだな。すまんかった」と言ってくれれば何も困りません。しかしここで引き下がらずに更にキレるのが糞上司というもの。

上司

色以外のもので推すとか、他に方法があるだろ!!

団子

他に、とは?

上司

そんなものは自分で考えろ!

団子

えぇ…

こんなふうに返されたときは流石に「こいつヤバイな」と思いましたね。

確かに「自社商品にない色で確定した」と聞いた時点で私も早々に諦めてしまいました。他の方法を考えなかった時点でダメだったかなと感じます。

しかし自分よりも経験豊富な上司の言うことがこんなことなのかという失望もありました。

面倒なので謝る

上司

何か言ったらどうなんだ!?

団子

すみませんでした(さっき理由言っただろうが!)

なんかもう面倒なので謝る方法。よく分からないけどキレられている時間を最も簡単に省略できる方法と言えるでしょう。

謝ることで否を認めたみたいに感じになり非常に不愉快ではありますが、何故かキレる上司に付き合って延々と不満を言い続けても時間がもったいないだけです。相手は「理由を言え」と言った後に「言い訳するな」とキレる人間ですから、まともな会話ができるとは思えません。

転職を考えても良い

こんなことが一回きりならいいのですが、こういった人は「とりあえずキレる」ことが癖になっています。こちらに否がなくてもいちいちキレなければ気が済まないのです。そして飲み会などの場で「お前のことを思って」とか都合のいいことをほざくので、なおさら質が悪いんですよね…。

いちいちキレる上司の下で働くのは本当にストレスです。私は上司との関係を含めた仕事によるストレスが原因で体調を崩したことがあるので、ストレスが溜まるような社内環境であればさっさと転職した方が良いなと考えています。実際に転職して回復して、今では元気に働いていますからね!

ストレスが理由で転職したエピソードはこちら

新卒入社で3年以内に転職した話。第二新卒扱いでチャンスはあります!

上司の圧力によるストレスから逃れるためにも、転職は手段としてありだと思います!

まとめ

というわけで…

「理由を言え」と聞かれ答えたら「言い訳するな」とキレるような上司への有効な対処方法は正直ないかなと思います

場を抑えるのであればとりあえず自分に否がなくても謝罪しておくのがベストかなと…。腑に落ちませんが…。

「こんな上司は嫌だ!」と感じたら転職も検討してもいいでしょう。ヒステリックでキレる上司からのストレスを我慢していたら、そのうち心身ともに崩れていきます。そうならないためにも選択肢の一つとして転職は考えておくべきかなと思います。

おすすめの転職サイト

ここからは私が実際に使用してよかったと思った転職サービスを紹介します!

ミイダス

面接確約
『MIIDAS』は自分に興味がある企業がアプローチをしてくれる転職サービスです。プロフィールや経歴を登録しておけば、そこから「この人材に興味がある!」と判断した企業からオファーを送られてくるので、会社に勤めながら転職活動している人にとって非常にありがたいサービスとなっています。しかも登録するだけで自分の市場価値が分かるため、給与アップにつながるかどうかも分かりやすくなっています

またMIIDASを通じて送られてくるオファーは面接確約済み…いわばいきなり書類選考に通過した状態でスタートできるため、転職活動がかなりスムーズに進んでいきます。書類選考の結果を待つのは結構ストレスがかかるので、開放的な気持ちで転職活動に臨めるのが魅力のサービスです。

マイナビジョブ20’s



新卒で入社して3年以内…第二新卒の転職であればマイナビジョブ20’sのような第二新卒をメインターゲットにした転職サービスをおすすめします。

リクナビネクストやマイナビ転職で求人を探すのもありですが、第二新卒や20代専門の転職エージェントがいるという点でやはり心強いです。実際に私も初めての転職活動の際にはマイナビジョブ20’sで初めての転職を決めましたので!

「入社してまだ3年も経っていないけど、転職したい…」と悩んでいる方は、とりあえず3年という言葉を気にせずに、まずは第二新卒向けの転職のプロに相談してみましょう!