Amazonサイバーマンデーでガジェットをお得に購入しよう!

『Fire HD8』の第7世代(2017年)と第8世代(2018年)の違いを解説。僅かな変化ですが便利になりました!

Fire HD 8の第8世代と第7世代

Amazon冬のビッグセール「サイバーマンデー」開催中!
Fire HD8がお得に購入できるチャンスです!
セールについての詳細は「2018年Amazonサイバーマンデーセール】事前準備方法やおすすめガジェット等を紹介!」にまとめています。

 

2018年10月に第8世代のFire HD8がリリースされました。

前年に発売された第7世代と比べてどれだけ進化したのかと多くの人が期待したかと思いますが、スペック表を見ると変化があったのはごく僅か。そのうちバッテリー持続時間は、第7世代では12時間だったものが第8世代では10時間に落ちていました。

正直かなり期待はずれの内容でしたが、しかしそれでも私は第8世代のFire HD8に飛びついて実際に使ってみました!

今回はFire HD8の第7世代(2017年)と第8世代(2018年)で何がどう変わったのかをまとめてみましたよ!

第7世代(2017年)と第8世代(2018年)のスペックを比較

まずはFire HD8の第7世代(2017年)と第8世代(2018年)がどのように違うのかを、スペック表で見比べていきます。

赤字になっている箇所が変更点になります。

 第7世代
2017年モデル
第8世代
2018年モデル
ディスプレイサイズ8インチ HD8インチ HD
解像度1280 x 800 (189ppi)1280 x 800 (189ppi)
プロセッサクアッドコア1.3GHzクアッドコア1.3GHz
RAM1.5GB1.5GB
オーディオDolby Atmos、 デュアルステレオスピーカー マイクDolby Atmos、 デュアルステレオスピーカー マイク
ストレージ16/32GB16/32GB
microSDカードスロットあり 256GBまで対応あり 400GBまで対応
カメラフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
2メガピクセルフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fiデュアルバンド a/b/g/nデュアルバンド a/b/g/n
バッテリー12時間10時間
サイズ214 x 128 x 9.7mm214 x 128 x 9.7mm
重量369g369g

はい!たったこれだけ!

  • micro SD カードが400GBまで対応可能になった
  • インカメラが2メガピクセルになった
  • バッテリーが10時間になった

スペック表だけ見ると、本当にマイナーチェンジレベルの変化ですね。しかしスペック表には記載がありませんが、micro SD カードについては使える容量が大きくなっただけでなく、実は非常に便利になりました。

どのように変更されたかを以下で解説していきますよ!

micro SD カードについての変更点

 第7世代
(2017年モデル)
第8世代
(2018年モデル)
microSDカードスロットあり 256GBまで対応あり 400GBまで対応

使用可能な容量が256GB→400GBへ

ストレージを400GBも拡張できるようになりました。

Fire HD8に保存するデータの多くがKindle本やプライムビデオの動画データになるかと思います。いずれもデータサイズが結構大きいものになりますので、Fire HD8ヘビーユーザーにとっては大きな進化ですね!

外部ストレージを内部ストレージの拡張として使用可能に

Fire HD8は外部ストレージを内部ストレージの拡張として扱うことができます。つまり通常内部ストレージにしか保存できないアプリやデータを、外部ストレージの容量分拡張されたところに保存することができます

これによりアプリが大量にダウンロードできるようになったので、使い勝手は向上しました。

そして32GBモデルのFire HD8を購入するくらいなら、16GBモデル+micro SD カードを購入した方がお得なので、32GBモデルを購入する理由が更に減ってしまいました…笑

インカメラが200メガピクセルになった

 第7世代
(2017年モデル)
第8世代
(2018年モデル)
カメラフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
2メガピクセルフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ

フロントカメラが200メガピクセルに強化されました。

これは恐らくEcho SpotEcho Showといった画面付きAIスピーカーとのテレビ電話を意識したスペックアップだと思われます。

つまり「フロントカメラを強化したから、Echo SpotやEcho Showと繋いでテレビ電話に使ってね!」ってことですね!

フロントカメラについてはかなり実用的になって、明らかにパワーアップしています。自撮りやテレビ電話用として購入するのもありかもしれません。

バッテリー持続時間は、体感的な変化はあまり感じない

 第7世代
(2017年モデル)
第8世代
(2018年モデル)
バッテリー12時間10時間

バッテリーについては第8世代の方が性能が落ちてしまっています。

第7世代のFire HD 7はプライムビデオで25分のアニメを一話見るとだいたい5~6%程度消費されました。またスリープ状態で丸1日放置しておくと4~8%ほど消費されていました。

第8世代のFire HD8はプライムビデオで25分のアニメを一話見るとだいたい6~7%消費されます。またスリープ状態で丸1日放置しておくと5~10%ほど消費されます。

凄くざっくりした検証ですが、やっぱり第8世代の方がバッテリーの消費は早いです。

ただ体感的にはそこまで「バッテリー減るの早っ!」とは感じません。というのも、充電のペースが変わるほどバッテリーの持続時間が落ちていないからだと思われます。第7世代のときも、第8世代を使用していても、だいたい3日に1回ペースで充電しています。

充電ペースが3日に1回→2日に1回ペースになるほどであれば厳しいレビューをせざるを得ませんでしたが、実際に使用してみた感想としてはバッテリー性能が落ちたことについてはそこまで問題視することでも無かったようです。

ベースのOSがAndroid 7.1.2に

第7世代のFire HD 7はベースのOSがAndroid 5.1.1でした。

第8世代のFire HD8はベースのOSがAndroid 7.1.2になっています。

先程挙げたSDカードを内部ストレージの拡張として利用できる機能はAndroid 6以降の機能ですので、ベースのOSのバージョンが上がったことで便利になったというわけですね。

またGoogleのPlay Storeからアプリをダウンロードして使う場合、古いバージョンのAndroidは段々とサポートの対象外になっていく可能性があります。つまりFire HD8でPlay Storeを利用する人にとっては、ベースのOSのバージョンが新しい方が安心ってことですね。

※FireにGoogle Playをインストールする方法は以下のサイトに詳しく記載されているので参考にどうぞ。
root取得不要で簡単にFireタブレットでGoogle Playを動かす方法

注意
ただしAmazonが公式で推奨していないため、自己責任でお願いします。

外装がわずかに変化

Fire Hd 8 外装01

Fire Hd 8 外装02

ボタンの色、ジャックの位置、micro SD カード端子の蓋が変更されています。

地味な変化ですし、使い勝手は特に変わりません…笑

まとめ

  1. バッテリー時間が12時間→10時間に
  2. micro SDカードが256GB→400GBまで対応可能に
  3. フロントカメラが2メガピクセルに強化

Fire HD8の第7世代と第8世代の変化は小さなもののように感じますが便利になりました。

特にmicro SDカードに関する変化は結構大きいかなと感じます。保存容量が大幅にアップし更に大量にKindle本や動画を保存できますし、また外部ストレージを内部ストレージとして扱えるので使い勝手がよくなりました。

フロントカメラのパワーアップでテレビ電話用途としても使いやすくはなったので、単身赴任していたり実家から離れてくれしている人もおすすめです。

ただ、第7世代から第8世代に買い換える理由としては正直弱いかなと感じます。そのため第7世代Fire HD8を持っている人は継続して第9世代を待ってもいいかなと思います。

今現在Fire HD8を持っていない方は迷わずに購入でOKかと!コスパ最高のタブレットであることは変わりありませんので!

Amazon
¥4,980 (2018/12/08 08:00:35時点 Amazon調べ-詳細)
Fire HD 8を徹底解説!【Amazonサイバーマンデー】最強のコスパタブレットFire HD8(2018年モデル)のメリットや使い方を徹底解説! Fire HD 8と一緒に買っておきたいもの【Amazonサイバーマンデー】Fire HD8と一緒に買っておきたい周辺グッズまとめ