ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

スマホゲームの依存やガチャへの課金をやめる方法について

スポンサーリンク

f:id:s_dango:20170909142544j:plain

スマホゲーム廃課金から脱出しよう!

どうも、デレステやオセロニアにかなり課金していた団子です。

冒頭の通り、これまでにデレステやオセロニアといったスマホゲームにかなり課金してきました。
どれくらい課金してきたかというと、スマホゲーに対して月間で約3万〜5万円は使っていました
これくらいで『結構な金額を課金してきた』なんていうとガチガチのプレイヤーの方から怒られるかもしれませんが、しかし一般的に見たらどう考えても高い金額をスマホゲームにつぎ込んでいますよね…
もし2年前にスマホゲームに課金した諭吉でビットコインを買っていればどれだけ儲かったことやら…。

ただ課金したくなるほどそのスマホゲームを楽しんでいたんですよね。
ほとんどのスマホゲームが基本プレイ無料で、確かに最初は無料でも充分に楽しめます
しかし、やり込んでいくうちに課金と無課金の差が出てきまして…。
最初は無料でも楽しめていたはずなの、続けていると「SSRが欲しい!」「上位に食い込みたい!」と欲が出てしまい、楽しめば楽しむほどっぷり課金してしまうのです…。
運営の思う壺ですね笑

しかし最近あることが理由でスマホゲームへの課金が減りました
というか、スマホゲームのプレイ時間がガッツリ減りました。
そのためなんだか心が非常に軽いのです!

今回は「なぜスマホゲームへの課金とプレイ時間が減ったのか」を綴っていきます。

※高ランクのレアカードについてはゲームごとに呼称が違いますが、この記事ではデレステを基準にすべて『SSR』と統一して呼んでいます。

そもそも何故スマホゲームに課金してしまうのか

f:id:s_dango:20170905091158p:plain

スマホゲームをダウンロードしてプレイ開始し始めた時点では課金とかあまり考えていなかったんですよね。
基本プレイ料で、最初にリセマラしてSSRを引き当てられればそれで良いかなーと思ってプレイしていました。

しかしスマホゲームを楽しみながら続けているとついつい課金したくなってしまうんですよね…。

ハイスコアを目指すとなるSSRが必要となる

プレイしているとハイスコアを目指したいという気持ちが芽生え始めます
ハイスコアを取るためには高い能力とスキルを持ったSSRが複数必要となってくるのです

ゲームを続けているとどうしても自己ベストとか更新したくなりますよね。
また自分のスコア以外にも他のプレーヤーの順位とかスコアまで表示され、対抗心を煽ってきます。
もちろんプレイの技術が向上すれば高いスコアが取れるようになってきますが、しかしあるとき『レアリティの壁』にぶつかってしまいます
レアリティの高いSSRのほうがそれ以外のものよりも当然能力が高く、スキルも強力なものになります。
より高みを目指すならSSRが絶対に複数も必要なのです。

「もっと上へ!」と一度でも思い課金してしまうと、その後も強力なSSRを求めて課金してしまうようなります。

SSRはイラストやビジュアルにも力が入っている

またSSRは単純に能力が高いだけでなくイラストやビジュアルにも力が入っています
引き当てたことをSNSで報告することでいいねとかコメントが貰えるので欲求が満たされます

例えばデレステではSSRのアイドルは専用衣装で歌って踊るんですよね。
3DモデルもSSRとそれ以外では違っており、髪型とか表情とか動きとかSSRの方が描画に力が入っています。
より力の入った3Dのアイドルに自分の好きな楽曲を歌って躍らせるのがまた楽しくて楽しくて。

SSRとそれ以外では制作側の力の入り具合も全く違うので、より良いビジュアルを求めて課金してしまうのです。
制作側の収入源ですから、そりゃあ職人魂のこもったより良いものを作りますよね…。

当たる確率は相当しぶい

これで簡単にSSRが引き当てられればいいのですが、しかし無料で貰えるゲーム内通貨をコツコツためてようやく貯めたガチャ一回分で簡単に当たるほど甘くはありません
何度もガチャを回してようやくSSRが一枚出るくらいの確率です。博打・ギャンブルでしかありません(ただし当たっても得られるのはお金ではなくイラスト)。

出現率はかなり渋く、SSRを引き当てられる確率はだいたいどのスマホゲームでも5%以下となっています。
デレステではSSRの出現率が3%なので、100連続で回して3人だせるかどうか。
更に出現率が低いことで有名なFGOやマギアレコードはなんと1%、きっつー。

ちなみにデレステは3000円ほどで10連ガチャが回せるようになっています。
100連続で回すなら30000円ほど…うーむ、これは家計を圧迫する金額ですね。

「次こそは当たるかも!」という考えが…

これだけ確率が低いにも関わらず、

「ハイスコアを取りたい」
「SSRを引くと欲求が満たされる」

という気持ちが湧き上がってきて、更には「当たるかもしれない」とポジティブな発想まで起こってきます

こうなればもうガチャを回すしかありません。
そして一度ガチャを回して外れても、「次こそは!次こそは!」と課金してSSRが出るか予算の限界までガチャを回し続けるのです。
課金し続ければそのうち目当てのSSRが当たるかもしれませんからね…。

ガチャが更新される度に繰り返される

またこれが一回きりで終わらず、ガチャが更新されたまた回して…を繰り返してしまいます。
確率が低いものにひたすら課金を繰り返す悪循環なのですが、ガチャが更新される度に「上を目指したい!」「好きなキャラを引き当てたい!」という欲求が高まってしまいます。こうやってガチャ中毒ガチャ依存症廃課金となってしまうのです。

 

スマホゲームをプレイしてしまう時間について

スマホゲームをプレイしてしまう時間帯

スマホゲームにハマる理由は大前提としてそのスマホゲームが面白いからというのは言うまでもないのですが、それに加えて「どこでも気軽にプレイできる」というのも非常に大きいと思います。

スマホでゲームをプレイするのはどんなときか? これは「自宅で」という答えが圧倒的に多く44.4%。次いで「通勤時や移動中」がそれぞれ22.2%で、意外にも昼休みや休憩時間は0%でした。プレイしているゲームの傾向と同様に、自宅で腰を据えてがっつりプレイするか、電車内での暇つぶしにちょこちょこ遊ぶか、社会人のゲームのプレイスタイルはどうやら二極化している様子です。
また、実際に1日どのくらいの時間スマホでゲームをしているか、自由回答で答えてもらったところ、「平日は5時間くらい」という回答がある一方で、「10~30分程度」「1時間未満」という回答も多くありました。

引用元:いつ何をやってる?社会人のスマホゲーム事情 -ウイルスバスター チャンネル

社会人がいつスマホゲームをプレイしているのかというアンケート結果が記載された記事がありました。「自宅で」が44.4%と最多ですが、その継ぎの「通勤時や移動中」が22.2%となっています。私の場合は電車通勤中の暇を潰すためにスマホゲームを初めて、ハマったら自宅で暇しているときにもプレイするという流れになっていました。

自分が使っている沿線は通勤/退勤ラッシュ時でも両手を使うゲームをプレイできる程度の混み具合なので、移動中にめちゃくちゃデレステで遊んでいました。仮に両手が使えないほどの混み具合でも片手で遊べるスマホゲームをプレイして暇つぶし。帰宅後に「さっきの続き!」と家でもスマホゲームをプレイ。

スマホ一台あればどこでも遊べるほどの手軽さ故に、移動時間等の暇があればスマホゲームをして、その結果家でもついついプレイしてしまうようになっていました

 

スマホゲームから抜け出すには

「プレイする時間」を時間を他に費やせ!

「暇な時間帯があるとついついプレイしてしまう」のがスマホゲームですが、逆に暇な時間帯を他に費やせばこの依存を断ち切れそうです

とは言っても当然簡単なことではありませんし、そもそも「暇な時間を無くせば…」なんて今までに何度も考えてきました。考えてその通りに行動できれば誰も悩みませんからね。

ただ、あるものを購入したことがキッカケで、めっきりスマホゲームをしなくなりました。

それ以上に面白いものがあればスマホゲームを断てる

そのキッカケってのがこれでして…。

ニンテンドーSwitchを購入して、スプラトゥーン2を始めたんですよね。

据え置きゲーム機を買うのはなんとニンテンドー64以来。ポケモンが好きなので携帯ゲーム機はDS、3DSと買っていたのですが、実に11年ぶりの据え置きゲームですよ!

Switchでプレイするスプラトゥーン2が面白くて面白くて…。レビュー記事ではないのでSwitchとスプラトゥーン2の詳細については触れませんが 、これまでプレイしてたスマホゲームよりも楽しいんですよね。私の場合はブロガー仲間と一緒に遊べるということもあったので、家で過ごしている時間帯はSwitchをプレイしていることが増えました。そしてSwitch購入以降は家で過ごしている間にスマホゲームをプレイすることがほぼ0になりました※タブレットのレビュー記事を書く際にちょっとプレイしたのみ。

今まで楽しんでいたスマホゲーム以上に面白いものに夢中になり、自宅でのスマホゲームをプレイすることがほぼ無くなりました。

通勤中にKindleで読書するようになった

Switchにハマったことを機に「通勤時間中もスマホゲームを断とう」と思い、Kindleで読書するようになりました。

就職してからは漫画ばかり読んできたので活字だらけのページを見ていると眠たくなってきてしまうのですが、今はリハビリ期間ということでライトに読める本を読むようにしています。

これも何とか続いているので、通勤時間中のスマホゲームプレイ時間が無くなりましたね!

スマホゲームのプレイ時間が減ったのでスマホからアンインストールしてみた

「この勢いでアンインストールしてしまえ!」と思い、スマホからデレステやオセロニア等スマホゲームをアンインストールしてしまいました。いつでもプレイできる状況を断ってしまえば気軽さもなにもありません

時々Web上に今まで遊んだことのあるスマホゲームの広告が出てくると一瞬「おっ、プレイしたいな」とか思ってしまうこともあるのですが、すぐにプレイできない環境なのでその誘惑に打ち勝てるんですよね。

※ちなみにデータはSNSアカウントに紐付けしていつでも引き継ぎ可能な状況、またタブレットにインストールしていたものは消去せずにそのままの状況です。当ブログはガジェット購入時にデレステをプレイしてみることを一つのウリとしているので、そのため新しいいつでも復帰できるようにしています。この辺が自分の甘さなのでしょうが、しかし云十万円も課金したデータを簡単に消すのは正直難しいですわ…。ただまあレビュー記事以外で全くプレイしていないので、今後もほとんどプレイすることはないでしょう。

公式Twitterをリムーブ

ゲーム公式Twitterアカウントが遊びたくなるようなことを呟くので、心がぐらつかされないように公式Twitterをリムーブしました。ブロックまではしていないのですが、「そのゲームの情報を一切見たくない!」というのであればブロックしてしまったほうが良いかもしれません。

新たなる問題!

こうして「より面白いモノでぶん殴る」ような形で現在スマホゲームを断つことができている状況なのですが、今度はスプラトゥーン2にドハマりしているという問題が…。継続的な課金がなくなったので心はかなり軽く感じていますけどね!

ただ、スマホゲームよりもスプラトゥーン2のほうが激しい動きを求められため、おかげで右手人差し指と右手首が腱鞘炎になっている疑惑があります。少し休ませる必要がありそうです…。これを機にSwitchプレイしていた時間をそろそろブログにも割くようにしていきます…!

今後スーパーマリオオデッセイや他Switchのソフトを購入する予定なので、その辺もドハマりしすぎて他のことに手が付かないなんてことがないようにしていかないと…。

スマホゲームを止めるにもお金がかかったが…

スマホゲームを止めるために意図してお金をかけたわけではありませんが、Switchを購入したことが結果的にスマホゲームを断つことができています。

スマホゲーム以上に楽しめるものを見つけるにはそれだけお金はかかるでしょう。無料で楽しめるものがあれば別なのですが、そういったものは多くはありません。私の場合それがSwitchとスプラトゥーン2で約4万円かかりました。

ただ毎月のように云万円もスマホゲームに課金していたのが無くなったはかなり大きいですね。スマホゲームに課金しなくなった分もっと他の面白いことにお金を使っていきたいところ。

 

スマホゲームへの課金について思うこと

運営は課金の上限を設けても良いのでは? 

スマホゲームへの課金は悪みたいな風潮があるように感じますが、プレイしてきた個人としては「このゲームになら課金してもいいかな、運営もっと頑張れー」と思うことも…つまり課金=応援でもありました。まあこれもビジネスですよ!

ということでスマホゲームへの課金は別に悪ではないと思うのですが、しかし課金で借金したり破産するような人までいるのも事実で、社会問題にもなっています。スマホゲームで借金・破産する人のことを考えると、運営は課金上限額を設けるべきではないかと思うのです。上限とは、例えば「○○円課金したら目当てのカードを一枚プレゼントする」といったもの。実際にデレステでは上限に近いシステムが採用されました。

上限を設けることで売上は減少するでしょうが、だからといって自社のサービスで借金したり破産する人を生まないよう企業として努力してほしいなと思うのです。そうしてくれたほうがファンも安心して遊べますしね。

というか国も何か手を売ったほうががいいのでは?

 

最後に

最後に本筋から少し脱線してしまいましたが、スマホゲームへの依存やガチャへの課金をやめる方法は…

スマホゲーム以上に面白い暇つぶしに出会うこと

これが最も手っ取り早いのではないかと思います。

私の場合それがSwitchとスプラトゥーン2でした。ドハマりしているスマホゲーム以上に面白いことに出会うためにはそれなりの出費が発生する可能性がありますが、その効果は非常に大きいと私自身実感しております。スマホゲーム以上に面白いことに時間を充ててスマホゲームのプレイ時間を削っていくことで、スマホゲームへの依存や課金は減らせます。もはや力技ですけどね笑

スマホゲームのプレイ時間を無くすことができたら、あとはその情報が目や耳から極力入ってこない環境を作りましょう。ネットを使っている時点でスマホゲームの情報が流れてくることを0にすることはほぼ不可能ですが、機会なら減らすことができます。

スマホゲームへの依存や課金を断つのは簡単じゃありませんが、悩んでいる人に少しでも参考になれば幸いです。