読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

シン・ゴジラが凄すぎて泣いた【Amazonビデオにて3月22日配信予定】

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

シン・ゴジラ

待望の新作国産ゴジラ『シン・ゴジラ』を観てきた。

f:id:s_dango:20160730150534j:plain

結論から書くと、素晴らしい映画だった。過度な期待をしないようにと思って見たのだが、蓋を開けてみたら想像を遥かに超えた大傑作だった。

凄すぎて思わず感涙してしまった。

とにかく面白かったので、観た後の感想とか気持ちとか思ったことを綴っていく。

 

社会風刺

初代ゴジラとのストーリー的な繋がりは無いにしても、形は初代ゴジラとほとんど同じだ。1954年に公開された初代ゴジラは基本的にはゲテモノ怪獣が大暴れする娯楽映画なのだが、反核のメタファーでもあった。プロデューサーがビキニ環礁の水爆実験から着想を得て作られたため、社会風刺が込められていた。

シン・ゴジラは、そんな社会風刺としての色が強い初代ゴジラのように、日本社会を皮肉っている。

シン・ゴジラで日本に上陸するゴジラは3.11東日本大震災のメタファーだ。そして、それに対するどこか緊張感に欠ける日本政府のグダグダな対応は、まさしくその皮肉でしか無い。ゴジラの登場から上陸、その後の急激な進化が何もかも常識を逸脱していて対処しきれていない。対処方法を考えるにしても法律の枠組みの中で済ませなければならないためスピーディに事が進まない。ようやく自衛隊を出動させたものの、住民が避難しきれておらず、国民からの非難を気にして攻撃できない。

これらを見て思い浮かぶのはやはり3.11東日本大震災時の政府のグダグダとした対応だ。シン・ゴジラで登場するゴジラは一連の災害・人災のメタファーであり、物語の中心を日本政府に置くことで当時の対応を皮肉しているのだ。また政府の対応だけでなく、ゴジラを前にスマホでの危機感なく他人事のように写真を流したりSNSで拡散しているも皮肉だろう。

 

初代ゴジラのオマージュ 

初代ゴジラのオマージュがところどころに見られた。

ゴジラの名前の由来も初代ゴジラと同じ。品川を滅茶苦茶にするのも同じ。他にもたくさん初代のオマージュと思われるシーンがある。

マキ・ゴロー教授の「俺は好きにした。お前たちも好きにしろ。」という遺書は、「人間の身勝手によって生み出された怪獣が、人間によって葬られる」という初代ゴジラが表現していた人間の身勝手さに繋がっている。

東京から人が大量に離れていくシーンは初代ゴジラの「また疎開かー」というセリフを思い出さずにはいられない。

シン・ゴジラは初代ゴジラへの敬意が数多く見られる。 

だからと言ってゴジラファンしか楽しめないというわけではない。次の項で書いているのだが、すべてのゴジラシリーズとの物語の繋がりがないので、誰でもここから楽しめる作品となっている。

 

『初代ゴジラ』とは別の世界

初代ゴジラ以降の国産ゴジラは、初代ゴジラと物語の繋がりがあった。

シン・ゴジラ以前のゴジラシリーズは主に以下の三シリーズに分けられる。

  • 昭和シリーズ
  • 平成vsシリーズ
  • ミレニアムシリーズ

初代ゴジラから1975年公開『メカゴジラの逆襲』までの昭和シリーズは一貫して共通の世界観を有している。この後に公開される作品は昭和シリーズの流れを完全にぶった切ったものの、1984年公開『ゴジラ』から1995年公開『ゴジラvsデストロイア』までの平成vsシリーズは「1954年のゴジラ出現から30年ぶりにゴジラが現れた」という設定になっている。それ以降のミレニアムシリーズも同じように初代ゴジラとの繋がりがある。

しかしシン・ゴジラは初代ゴジラとは異なる世界観の作品だった。

つまりシン・ゴジラ現代の日本に初めてゴジラが上陸したという設定の作品だ。これがなかなか衝撃的なのだ。初代ゴジラを除いたゴジラ作品は人間サイドがゴジラ対策をしているものが多く、対巨大怪獣用の兵器が準備されていた。またゴジラ対策をしていないにしても、スーパーXのようなロマンあふれるSFマシーンが「有事のために」と用意されており、ゴジラ相手に善戦してくれた。

シン・ゴジラは全く新しい世界観のゴジラで、対ゴジラについての一切のノウハウがない中で日本は未知の超巨大生物に立ち向かっていく。

最初は自衛隊が立ち向かうも全く歯がたたないのだが、この絶望感が非常に面白い。オキシジェンデストロイヤーも存在しない世界で、通常兵器だけでどのように戦いゴジラを止めるのか。その手段と結末に怪獣映画ファンなら「そんな方法なのかよ!」となるかもしれないが、そこに過去のゴジラシリーズにはなかった妙なリアルさを感じるざるを得ない。

 

演出とか迫力とか

最初にステゴザウルスみたいなやつが上陸したときは困惑してしまったし、進化して直立したときに「これがゴジラかよ!」と笑いそうになった。

二度目の上陸の際の、進化後のブサイクで目玉ぎょろぎょろなゴジラも不細工だ。平成vsシリーズ以降のようなカッコいいゴジラとは全くの別物で、シン・ゴジラのゴジラはかなり不気味な姿だ。不気味な姿にすることで、ゴジラをネガティブな存在だと表現したかったのだろう。そんな姿でも二度目の上陸の際には鳥肌が立ったし、あそこでゴジラのテーマを使われるとゴジラファンとしては目にこみ上げてくるものがある。庵野わかってるわ!

そして中盤の放射熱線を吐くシーンがとにかくヤバかった。それはもう言語能力が低下してしまいそうなくらいに凄かった!

紫色に光る背びれ。最初に火炎を吐き出し、そして紫色の放射熱線を口から放出するシーンで興奮して思わず感涙してしまう!絶望的なシーンなのだが、待ちに待ったゴジラが放射熱線を吐く姿に感動してしまった…。凄すぎて涙が出てきた。

それから背びれやしっぽからも放射熱線を放出したときはスクリーンから風圧を感じて、たぶんジブリのように髪が逆立って顔面ブワアアアアって感じになっていたと思う!更に絶望的で大迫力なシーンにもう大興奮だ!

 

エヴァっぽさ

シン・ゴジラは庵野秀明が監督でスタジオカラーも制作に関わっているから、ところどころにエヴァっぽさが見える。明朝体のテロップとか、映像の角度とか、BGMとか。

登場人物や組織が登場するたびに明朝体のテロップが現れる。

戦車が配置に着くシーンとか実写でなら一台の戦車をバーン!と映した後で全体を見せるようなものを、シン・ゴジラでは全体の映像を映したところに横から一台の戦車がキュラキュラとフレームインしてきて、それが何だかエヴァで見たことあるような…。

会議のBGMはそのまんまエヴァって感じ。

エヴァっぽさには賛否両論ありそうだが、しかし個人的には良かったと思う。

特に映像的なところが良かった。

都内が停電して真っ暗闇の中、体のところどころ不気味に赤く光るゴジラの姿はエヴァ初号機を彷彿させるが、これがまた格好いいのだ。

 

初代ゴジラと違い、希望ある結末だった

初代ゴジラの結末は暗いものであった。

オキシジェン・デストロイヤーという『水中で使用すると周囲の酸素を破壊してその場にいる生物を液状化させてしまう』架空の兵器でゴジラを倒したのだが、開発者の芹沢博士の心情や「水爆の実験がこれからも続けば、第二、第三のゴジラが生まれるだろう···」にはネガティブな感情が溢れている。兵器への恐怖や、開発する人類の愚かさを表現している。

それに対してシン・ゴジラの結末は希望あるものだった。

一旦「核ミサイルで東京ごと消滅させるか」という結論に至るのだが、あらゆる可能性を探ってゴジラ細胞を血液凝固剤で抑えられることを発見し、核ミサイルの使用を阻止して血液凝固剤の使用でゴジラを止めることに成功する。もし核兵器を使用していたら「やはり核ミサイルは恐ろしい威力だ」と恐怖が残る終わり方になってしまいそうだが、シン・ゴジラでは人類の『諦めない力』と『知恵』でゴジラを撃退するのだ。

そのあと復興に向けて歩み始めたシーンも非常に希望に満ち溢れたものになっている。ゴジラという災厄を乗り越えて次に進もうとする結末は、日本人の力強さや「こんなところで挫けてはいられない」というメッセージを感じる。

シン・ゴジラの結末は初代ゴジラとは違い、希望を感じられるものだった。

 

もう一つの結末は?

本編は「ゴジラの凝固剤が有効だ」ということが発覚して最終的に凝固剤で固めてしまうという結末を迎える。

それ以外の選択肢として「核ミサイルでゴジラを東京ごと消滅させてしまおう」という手段があったのだが、そっちの結末も見てみたかったなあと思う。

誤解を招かないように書いておくのだが、別に東京がぶっ飛ぶところが見たいとかじゃない。核ミサイルをゴジラに命中させたら更なるスーパーモンスターになりそうだからだ。

パーフェクト怪獣に興味があったので、凝固剤ではなく核ミサイルを使ったIFの世界も見てみたかった。

 

最後に:シン・ゴジラを見よう!

とにかく面白い。

シン・ゴジラはたくさんの人に見てほしい映画だ。

ゴジラがネガティブな存在で超おっかないということを多めに書いたので絶望的な映画なのかと思われそうだが、この映画には希望もある。絶望的な耐久力と破壊力を有するゴジラだが、それでも諦めずに戦う人たちの姿は人間の力強さを感じる。

ただし娯楽として楽しむのにはややストーリーが難しく、昭和シリーズや平成vsシリーズ、ミレニアムシリーズのように子供が楽しめるような映画にはなっていないのが少し残念なところかもしれない。

あと石原さとみの演技が面白おかしくて笑ってしまいそうになる!可愛いけど笑える!

それでもシン・ゴジラには訴えかけてくるものがあるし、戦闘シーンの迫力に興奮できるし、そして何よりも「邦画もまだまだやれるじゃん!」という希望が湧き上がってくる。

 

ゴジラファンならより楽しめる!

また過去作との物語の繋がりがないため、ゴジラ初見の人でも充分楽しめる作品に仕上がっている!

シン・ゴジラだけは絶対に観よう!

 

シン・ゴジラのBlu-ray・DVD発売!

2017年3月22日、ついにシン・ゴジラのBlu-ray・DVDが発売!

 

本編ディスクの他にプロモーション映像集やキャンペーン映像集が収録された特典ディスクが付いてくる!

Blu-rayはそれに加えて『メイキング・アウトテイク』、『プリヴィズリール ・プリヴィズアウトテイク』、『CGメイキング』映像が収録されたスペシャル特典ディスクが付いてくる豪華三本立て! 

ファンなら是非手に入れたい一品だ。

 

Amazonビデオでもシン・ゴジラ!

「ディスクは要らないけど、またシン・ゴジラを観たい…」という方にオススメしたいのがAmazonビデオ。Amazonビデオでもシン・ゴジラが配信予定!

Amazonプライムに登録していなくても、一度購入すればパソコンやタブレット、スマートフォンで視聴可能。ダウンロードしておけば電車や飛行機の中でも視聴できる!

ディスクを保管しておく必要がないので、より気軽に映画が楽しめる。金額的にもディスクより安い。

「ディスクには手が出ないけど、シン・ゴジラを観たい…」という方は是非Amazonビデオでシン・ゴジラを視聴しよう。

※配信開始は3月22日予定。

 

シン・ゴジラをAmazonビデオで見るにあたってAmazonプライムに登録しておく必要はなくても、月額325円で映画やドラマ、アニメが見放題になるので、映画好きならAmazonプライムに入っておいてまず損することはないだろう。

 

ゴジラの過去作を見たいならHulu 

シン・ゴジラ以前の、過去のゴジラ作品を見るならHuluがオススメ。

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

f:id:s_dango:20170104023827p:plain

月額933円でゴジラシリーズ28作品が見放題になる。

※上の画像には載っていない『三大怪獣 地球最大の決戦』と『怪獣総進撃』を含む。

ゴジラファンの方や、シン・ゴジラをきっかけにゴジラシリーズに興味を持った方は、是非Huluに登録してみては如何だろうか。