文房具好きがおすすめする文房具特集

海外旅行の必需品まとめ。持ち物チェックリストと、持っていくと便利なもの

海外旅行の持ち物

海外旅行の持ち物チェックリストと、便利な持ち物まとめ

先日、フィリピンの首都マニラに行ってきました。

海外旅行に行くのは大学の卒業旅行以来。久しぶりすぎて「あれ、どんな物を持って行けば良いんだっけ…」と直前になって焦り出す! いったい何を準備しておけば… !?

とりあえずマニラは治安がよくないと聞くからスリ対策にボディバックは必須 。 そんでもってリスクを減らすべく持ち物は なるべく少ない方が良い。だから持ち物はボディバックと キャリーバッグだけに抑えて、不要なモノは持ち歩かずにホテルの金庫に入れておくべき。

でもあれは持って行きたい!これは持って行ったほうが良い?

あああああああ!!!!どうしよう!!!!

という状況になったので、海外旅行の持ち物を確認する際のチェックリストを作り、

  • 海外旅行の持ち物
  • 海外旅行に持って行くと便利な持ち物

をまとめてみました。備忘録みたいなものです!

皆さんの参考になれば良いかと!

海外旅行の必需品!持ち物チェックリスト

海外旅行の持ち物をチェックリストにしてみました!

日本出国前にいくらか両替 しておくと安心です。
出国後と帰国後に必要です。
クレカは海外旅行保険自動付帯のものがおすすめです。国際ブランド付きのプリペイドカードも便利です。
忘れたら出国できませんので絶対に忘れないように!
飛行機搭乗時のチェックインがスムーズになります。
ホテルのチェックインがスムーズになります。
海外旅行保険を申し込んだ方は保険証書を印刷して控えておきましょう。
万が一パスポートを紛失した場合、日本領事館で身分証明書を提示すると渡航書を発行してもらえます。
パスポートも入るトラベルウォレットが使いやすく便利です。
ひったくり防止の為ボディーバッグをオススメします。
お土産等を入れることを考慮すると大きいものが便利です。
日程に合わせた枚数を持っていきましょう。
普段から使い慣れた歩きやすいものを履いていきましょう。
南国で海水浴やプールを楽しむなら忘れず持っていきましょう!
雪国に行く際はとにかく温かい物を持っていきましょう。
何かと使う場面が多いので持っていきましょう。
スマホでもOKですが防犯のために時間の確認は腕時計を推奨します。チープなもので構いません。
WiFiがあれば海外でもSNSや日本語で検索できます。
一台あればWiFiをシェアできるので非常に便利です。
海外行くなら!イモトのWiFi
スマホを持っていくなら忘れず必ず持っていきましょう!
全世界対応の変換アダプターを持っていけば間違いありません。
風邪薬や酔い止めは念のため持っていくことをオススメします。
ホテルによっては歯ブラシがないホテルもあります。
ホテルによってはシャンプーやボディーソープがないところもあります。
男性の方で必要な場合は使い慣れた髭剃りを持っていきましょう。
機内に持ち込む際のルールがあるので要注意。※ページ下部に解説あり。
備えあれば憂いなしということで女性の方は安心して旅行するために念のために持っていくことを推奨。

海外旅行の持ち物について

お金(現地通貨)

f:id:s_dango:20161111082346j:plain

現地通貨…つまりドルとかユーロとか元とかペソとか!

渡航先の空港にも両替所があるはずなので飛行機から降りた後に両替しても問題ないのですが、国と時間と曜日によって両替所が開いていないというケースもあるようなので、念の為に日本出国前にいくらか両替しておくと安心。

「俺は現地で両替するんだ!」という方は、渡航先の両替所の場所や営業時間を予め調べておきましょう!また国と通貨によっては両替にかかる手数料が滅茶苦茶高いなんてこともあり得るので、そういった場合はクレジットカードのキャッシングで現地のATMから引き出すのもアリでしょう。

お金(日本円)

f:id:s_dango:20161111082423j:plain

日本に戻ってきたとき用に、もしくは現地通貨を切らしてしまったとき用に、日本円をいくらか余分に持って行きましょう。現地で持ち歩く財布とは別のケースに入れて、ホテルのセキュリティボックスに入れておくと良いでしょう。

日本国内に戻ってきて「やばい!電車賃がない!」ということにならないように!

クレジットカード

クレジットカード一枚あるだけで超便利!

f:id:s_dango:20161111231227j:plain

クレジットカードも必需品と言っても良いかと!

理由としては、

  • 持ち歩く紙幣を最低限にできる。
  • 少ない手数料でATMから現地通貨を引き出すことができる。

紙幣を多く入れた財布はスリのターゲットにされかねません。財布の中のお金はなるべく少量にして、クレジットカードで支払うようにすれば財布の中が紙幣で分厚くなることはありません。

またキャッシングと言うとあまりイメージがよくないと思いますが、少ない手数料で現地通貨を引き出すことができるのは非常に便利です。 マイナーな通貨だと両替で高い手数料が取られるので、むしろキャッシングの方が安いなんてことも…。

VISAやMasterCardがオススメ

海外旅行でクレジットカードを持って行くなら加盟店の多いVISAやMasterCardブランドのカードを持って行きましょう! 

日の丸ブランドJCBには頑張ってもらいたいとは思うのですが、いかんせん海外では加盟店が少なく、持って行っても使えないなんてことも…。そういうわけで、世界的に見ても加盟店の多いVISAやMasterCardのブランドが入ったクレジットカードがオススメ!

海外旅行保険自動付帯のカードを持って行こう

海外に持っていくなら、海外旅行保険が自動で付帯するカードがオススメ!

海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードはたいてい年会費が有料なのですが、エポスカードなら年会費無料で充実の海外旅行保険が自動で付いてきます!

エポスカード 即日発行

傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任2000万円
救援者費用100万円
携行品損害(免責3000円)20万円

これらの保険が年会費無料で自動付帯となるのです。

海外旅行中に不慮の事故で怪我や病気になってしまった…という場合でも、エポスカードを持っているだけで医療や治療にかかる費用を補償してくれます!とても

また賠償責任も補償してくれるので、不意に誰かを怪我させたり物を壊しても、その損賠賠償額や、裁判になったさいの訴訟費用も補償されます。

他の保険やクレジットカードの付帯保険との組み合わせもできますので、通常の海外旅行保険と合わせるとかなり手厚い補償になります。

備えあれば憂いなし!どれだけ気をつけていたとしても渡航先で何が起こるか分かりませんので、万が一の備えのために海外旅行先には海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを持っていくことをオススメします。

「キャッシングに抵抗が…」という人のためのNEO MONEY

少ない手数料でATMから現地通貨を引き出せるとはいえ、それでもやっぱりキャッシングというワードに抵抗がある人もいると思います。特にスキミング被害に合う可能性を考えると尚更…。

そんな人にオススメしたいのがNEOMONEY です。

NEO MONEYはATMでチャージして使うプリペイドカードです。最大100万円までチャージしておくことができます。日本国内で日本円をチャージしておけば海外でも決済できる優れものです。また支払いだけでなくATMで現地通貨を引き出すこともできます。プリペイド式なので利用可能額はもちろん入金した分のみで、使いすぎる心配もありません!

また、海外旅行中にもしNEO MONEYを紛失・盗難された場合でも、カードデスクに連絡すればその時点での残高を補償してくれるので安心ですね!

日本在住の13歳以上の方なら誰でも発行できるので、修学旅行や留学、卒業旅行等にも最適です!

ブランドはVISAと銀聯の2種類あり、それぞれの加盟店で利用できます。VISAブランドなら世界中のいたるところに加盟店がありますのでNEO MONEYを発行するならVISAブランドをオススメします。

NEO MONEYVISAブランドで世界中で使用可能で、プリペイド式で使いすぎる心配もなく、誰でも使いやすい海外旅行の強い味方です!

詳しくはこちらから

海外旅行にはコレ!NEOMONEY

パスポート

f:id:s_dango:20161107000136j:image

必需品の中の必需品!

忘れたら海外に行けないからね!飛行機に乗せてもらえません!

そんでもって多くの国では海外渡航者に対してパスポートの携帯を義務化しているので肌身離さず持っておきましょう。

これだけは絶対に忘れないように。

eチケットの控え

eチケットは印刷しておくと超便利!

チェックインの際にパスポートとeチケットの控えを提示すれば、カウンターの人がひょひょいと搭乗券を発行してくれます。日本国内の空港でも、海外の日本語が通じない空港でも同じようにパスポートとeチケットの控えを見せれば楽々搭乗手続きが済みます。

eチケットの控えが無くても搭乗券を発行してもらえるのですが、英語が話せないと海外の空港でチェックインに手間取ってしまう可能性があります。スムーズにチェックインを済ませるためにもeチケットの控えを印刷して準備しておきましょう!

ちなみに出発当日に「eチケット忘れた!!!」となっても、日本国内であれば旅券番号からeチケットを検索してその場で発行してくれるので、最悪忘れても大丈夫です。なんででそんなことを知っているかといえば 、卒業旅行でやらかしたからですよーだ!

ホテルの予約確認書

なくてもいいけど、英語で書かれたホテルの予約確認書を印刷して持っていると予約したホテルでのチェックインがスムーズ!

予約をちゃんとしていればパスポートを見せるだけでチェックインできるものですが、予約番号等が記載されているホテルの予約確認書を持っているとホテルの人もすぐに理解してくれるので素早くチェックインできます。

英語や現地の言葉が分からないのであれば尚更持って行ったほうがチェックインがスムーズに済みます。

海外旅行保険の保険証書や緊急連絡先

海外旅行保険を申し込んだ方は、保険証書や緊急連絡先を持って行きましょう。

ネットで海外旅行保険を申し込んだ場合、保険証書や契約確認内容を記載したメールが送られてきます。その内容をプリントアウトして、緊急連絡先も一緒に控えておきましょう。

運転免許証や他身分証明書

f:id:s_dango:20161112125855p:plain

国際免許証を取得して海外でレンタカーを借りる場合は、国際免許証と免許証の2つを持っていくのが基本です。

また、万が一海外旅行中にパスポートを紛失してしまった際に日本領事館でパスポートか渡航書を発行してもらうために身分証明証が必要になります。渡航先で車を運転する予定がなくても、念の為に持っていくようにしましょう。

パスポートと同じ所に入れておくと、まとめてパスポートと免許証ごと紛失…なんてなりかねないので、別々のところに入れておきましょう。

財布

日本でも普段から使っている財布を持って行きました…が、行ってみたら「トラベルウォレットを購入しておけば」と何度思ったことか!

下の方の『持って行けばよかった』にも書きましたが、海外旅行に行くときは海外旅行に特化して作られたスペシャリスト的な存在トラベルウォレットのほうが便利。

観光用カバン

ボディバッグがオススメ!

観光時に持ち歩くカバンはやっぱりボディバッグが一番!

ボディバッグを体の前で抱えるように持てば、それだけでひったくり対策になります。またコンパクトなのですぐに中の物を取り出すこともできます。大きいカバンだと移動中に中がごちゃごちゃになってすぐに取り出せないなんてこともありますが、ボディバッグではそれがありません。

大きさについては、eチケット等を印刷したA4用紙が折りたたんで収まる程度の大きさがあれば大丈夫かと思いますが、大は小を兼ねるとも言いますので少し大きめのものを用意しておけば間違いありません。

リュックじゃダメなのか?

ボディバッグじゃなくてリュックじゃダメなのか?と思う方も多いと思います。

リュックサックも簡単にひったくられるようなものではありませんが、しかし後ろに背負っているというのが不安!後ろの人が気づかぬうちにリュックの中に手を突っ込んで…ということも有り得ます。

また貴重品を入れておくには大きすぎて、必要な際にすぐに取り出せないなんてことも。

そして何より、

背負っているリュックサックに何かしてくる輩がいるので危険。

妙な事件に巻き込まれないためにも、体の前にもっていきやすいボディバッグがオススメ!

治安の良い国ならリュックでも良いんじゃないでしょうか!

スーツケース

滞在日数ごとに適したサイズがあるかと思いますが、個人的にはスーツケースは大きい物に限ります!

というのも、旅先のお土産をスーツケースに入れて日本に帰るので、とにかく大きい方がいいのです。帰りに荷物が増えても大きければ何とかなります!

「スーツケースじゃなくてスポーツバッグで…」という方もいるかもしれませんが、 飛行機に搭乗する際に荷物を預けるのであればスーツケースの方がいいです。荷物を積むとき結構雑に扱われたり、飛行機が揺れた際に スーツバッグだと中の物が潰れたりすることがあるので、頑丈なスーツケース をオススメします。雑に扱われても問題ない物しか入れないのであればスポーツバッグでも問題ないかと…。

服とか靴とか

動きやすいものがベスト

海外にしても国内にしても観光で歩き回るなら動きやすい格好で行きましょう。

もちろん仕事でフォーマルな格好をしなければいけない…という場合は仕方ありませんが、そうでないなら動きやすい服装で歩きやすい靴を履いて行きましょう。

常夏の楽園に行くなら水着を持って行こう!

海やプールを楽しみに行くのに水着を持ってきていない!なんてことがないよう、海パンもちゃんとスーツケースに入れていきましょう。

「冬に常夏の楽園に泳ぎに行くのにどこにも水着が売っていない…」なんて場合は、Amazonや楽天なら年がら年中売っているのでチェック!

寒いところに行くなら防寒対策をしっかり!

私は過去に体験した最大の寒さはせいぜい真冬の軽井沢くらいのもの(もはや外国ですら無い!)ですが、それでもマイナス10°とかめちゃくちゃ寒い…というか痛い!

北欧やカナダの北部はマイナス30°とか訳の分からない気温になるので、寒いところに行く場合は防寒対策はしっかりしましょう!

ボールペン

一応必須アイテム。

飛行機内で出入国カードを書くために黒か青のボールペンが必要なので、海外旅行に行く際には必ずボールペンを持って行きましょう!出発前にインクが出ることを確認しておくように!

腕時計

スマホで代用できるので、腕時計については必須というほどでもないかと思います。

ただ、もし治安の良くない国に行くのであればスマホで時間をチラチラ確認しているとスリの的になりかねないので、腕時計をしていったほうが良いかと。確認するだけなので、安物でも構わないでしょう。

フォーマルな格好をしていくのであればちゃんと格好に合わせた腕時計をしていきましょう!

SIMフリースマートフォン

現地でプリペイドSIMを手に入れよう!

今回の海外旅行でSIMフリースマートフォンを持って行き、現地でプリペイドSIMを購入してセットしました。これで日本国内にいるのと同じような感覚で、WiFiの飛んでいないところでもLINEやTwitterを見られるようになります。またスマホは電子辞書代わりにもなります。

今回行ったフィリピンは空港を降りるとプリペイドSIM専用のカウンターがあり、そこでプリペイドSIMを購入して現地の人に設定してもらいました。金額は7日間で300ペソ(約600円ほど、一日800MBの制限あり)。自動販売機で売っている国もあるようです。

現地でSIMを購入する場合は、渡航先で売られているSIMの周波数と自分のスマホの対応バンドをしっかりとチェックしておきましょう。せっかくSIMを手に入れたのに対応していなくて使えない…なんてことがないように!

事前に辞書アプリをダウンロードしておくと楽!

海外旅行に行く際に、スマホにダウンロードしておきたいのが辞書アプリ。日本語で調べて現地語が結果に表示されるようなアプリがあると、それだけでコミュニケーションがかなり楽になります。

タクシーに乗る際にはGoogle Mapを運転手に見せてあげよう

渡航先でタクシーに乗り込んで口頭で行き先を伝えたら、運転手が「わからない」なんてこともあります。わからないと言ってくれるのであればまだ良いほうで、分からないにも関わらずテキトーに車を運転しては目的とは全く違うところに連れて行かれる…なんてこともあります。

それでも地図があれば流石に「○○の近くね!」と現地語で行ってくれるので、やはり地図はあったほうが良いですね。

タクシーの運転手が間違えないとためにも、Google Mapを準備しておきましょう。

レンタルWiFiについて

私の場合は「外で少量のデータ通信ができればいいや!」ということで現地でプリペイドSIMを購入しました。

しかし、現地でスマホ以外にもPCやタブレットも使うからデータ量とか気にせずガンガン使いたい!…という人は、現地でSIMを購入するよりもレンタルWiFiを借りた方がいいでしょう。

また海外のフリーWiFiはパスワードがかかっていないものが多く、セキュリティが心配なところもあります。そういった場合もやはり日本国内でレンタルWiFiを借りて行ったほうが良いかと思います。

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

スマホの充電器

「スマホを持って行ったのにスマホの充電器がない!」なんてことにならないように…。

個人的にオススメしたいものが、モバイルバッテリーとしても使える一人二役な充電器。ホテル以外ではなかなか充電できませんし、何かと移動中でもスマホを使うことが多いので、モバイルバッテリーは持っておきたいもの。しかしモバイルバッテリーって荷物がかさばってしまうんですよね…。

そこでモバイルバッテリーとしても使える充電器をオススメします!

海外用電源プラグ変換アダプター

出発前に、訪問する国の電源プラグがどういった形なのかを調べておきましょう。国によっては日本と同じ形状の電源プラグで、わざわざ変換ケーブルを持っていく必要がない国もあります。

全世界対応の変換プラグもあるので、それを買っておけば間違いないかと。 

飛行機の中はいろいろな人が乗っていますが、マスクをつけてゲホゲホと咳き込んでいる人もいるわけでして…。念の為に風邪薬は持って行ったほうが良いでしょう。

飛行機酔いが気になる人は酔い止めも忘れずに!

また他に日常的に服用している薬があれば、それも忘れず持っていくようにしましょう。

洗面道具や日用品

ホテルによってはアメニティが置いていないところも…。なので、せめて歯磨きセットだけでもスーツケースに入れておきましょう。ボディソープやシャンプー等もトラベルセットとして小さなものが販売されているので、心配なら持って行くと良いでしょう。

また、例えば飲食店でウェットティッシュをもらったら支払いの際にウェットティッシュのお金も取られることなんて海外ではごく普通にありえる話なので、ウェットティッシュやポケットティッシュといった日用品は持っていくことをおすすめします。

男性で髭が濃い人は髭剃りも

毎日のように髭剃りをしている人は髭剃りもお忘れなく!

「現地で手に入るT字カミソリでいいや」と思って実際に使ったら、剃り味悪くて顔面血まみれになった経験があるので、普段から使い慣れているシェーバーを持っていくことをオススメします!

シェービングフォームについてですが、飛行機内に100mlを超えて入る容器やスプレーは持ち込めないので要注意です。

女性の場合は化粧品や生理用品も

自信のあるメイクをしてこそ心から海外旅行を楽しめるものだと思いますので、女性の方は化粧品もお忘れなく!

また備えあれば憂い無しということで、生理用品も持っていくと安心して旅を楽しめますよね!…ですよね!?

※筆者男なものでして…

ただし、ヘアメイク用品を持っていく場合、飛行機内に100mlを超えて入る容器やスプレーは持ち込めないので要注意!

海外旅行に持っていくと便利なもの

ここから下は、必須じゃないけど海外旅行に持っていくと便利なものを紹介していきます。

旅行前は「これで万全の体制が整った!」と思ったものの、いざ出発してみると「持っていけばよかった」というものはあるものです。というわけで、持っていくと便利なものをピックアップしていきます!

タブレット

飛行機内の暇つぶしにタブレットは最適です!

特にFireタブレットならKindle本を本体やSDカードに保存して読むことができますし、またプライム動画も保存して視聴することができます。出発前に映画やアニメをダウンロードしておけば、WiFiなしの環境でもプライムビデオを楽しめる優れものです。

またアプリで言えば、Netflixなら本体に映画や動画をダウンロードしてオフライン環境でも楽しめます。

飛行機内は何かと暇ですので電子書籍や映画、動画等をタブレットにダウンロードしておいて暇つぶししましょう!

トラベルウォレット

お金だけじゃなくパスポートも入る財布!

空港内はしょっちゅうパスポートの提示が求めらますし、何よりも多くの国でパスポートの携帯を義務化しています。だからすぐにパスポートを取り出せるように、できればポケットに入れておきたいもの。しかしパスポートをむき出しのままポケットに入れておくのはポケットからポロリと落ちそうな気がして不安。

そこで、パスポートが収まる財布がほしいってわけ!

財布の中に入れておけばパスポートの提示を要求されてもサッとポケットから取り出してヒョイと見せられるので楽!

パスポートだけでなく航空券も一緒に挟めますし、持ち物の管理がしやすくなります。

海外旅行には、海外旅行のために作られたスペシャリストな財布を持っていくのがベストかなと!

ウェットティッシュ

海外の飲食店ではウェットティッシュを貰えないなんてことはごく普通にあります。またウェットティッシュを貰ったら料金が発生することも当たり前のようにあります。

というわけで、ウェットティッシュは日本から持っていくことをおすすめします。

マスク

飛行機内は乾燥するため、マスクで感想から喉を守れますよ!

また飛行機内には風邪を引いたまま搭乗する少なからずや人もいるので、病気から身を守るという点でもマスクは役立ちます。

アイマスク

飛行機内で寝るためにはかなり重要なアイテム、それがアイマスク!

機内は消灯後もランプや何やらが点灯しているため寝ようと思っても気になるんですが、アイマスクで遮断すれば寝ることに集中できますよ!

耳栓

飛行機のエンジン音はひたすらうるさいので、寝る寝ない関係なく遮断しておきたいものです。

耳栓をしておくことでかなり快適になりますよ!

折りたたみバッグ

お土産やら何やら購入すると手荷物が増えるので、折りたたみバッグを持っていくと非常に便利です。

またキャリーバー通しが付いているタイプのものはキャリーバッグに載せて運びやすいので更に便利です!

まとめ

かなり長い記事になってしまいましたが、全部持って行ってもちゃんとボディバッグとスーツケースに納まりまる…はず!

ここに書いてある物を持っていけばたいていの国は大丈夫なはず!なので、「海外旅行に何持っていけばいいんだろう…?」と悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

ただし行く国や場所によってはここに書いているものでは不十分な場合もある(たとえばビザが必要な国もある)ので、国によって必要になるものを確認しておきましょう。

とりあえず最後に書いておきたいことは、

  • 国内で印刷しておくべき重要書類/関係書類は印刷しておけ!
  • 飛行機は暇なのでFireタブレット持っていけ!
  • 海外旅行保険自動付帯のクレジットカードは持っていけ!
  • 海外旅行に行くなら少ない荷物で動きやすい格好をして行け!
  • 飛行機内の暇つぶし方法は予め考えておけ!

こんな感じですね!

持ち物をしっかり準備して、海外旅行を楽しみましょう!