読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

遊んで『体験』できるリゾートへと生まれ変わる名古屋市金城ふ頭

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!
スポンサーリンク

生まれ変わる金城ふ頭

2017年4月1日、名古屋市港区の金城ふ頭でレゴランドがオープンします。

f:id:s_dango:20170326101606j:plain

オープン前の3月25日にレゴランドの近くまで寄ってみたのですが、この日はプレビューデーということですごくたくさんの人で賑わっていました。

金城ふ頭といえば、今まではポートメッセなごややファニチャードームしかなかったところですが、こんな遊園地ができてしまうとは…。

f:id:s_dango:20170326113941j:plain

チケットを持っていないので当然ゲートより先には進めませんでしたが、正面から見ているだけでもレゴブロックの楽しい世界を感じられました。目の前にいる恐竜もレゴブロックで作られているんですよね。パーク内にはミニランドというエリアがあって、そこでは日本各地の名所やランドマークをレゴブロックで再現しているそうです。プレビューデーで実際に目にした人からは絶賛の声が多かったのですごく見てみたい…!

ところでレゴランドには『体験型』のアトラクションが多くあります。ここでいう体験とは、自分で作ったり動いたり…といった体験です。ジェットコースターやコーヒーカップのような乗り物も当然あるのですが、レゴランドではレゴブロックを実際に組み立てたりプログラミングを学んでロボットを動かすといった体験ができます。

またレゴランドに併設された商業施設『メーカーズピア』でも、そば打ちや茶臼引き等を体験することができます。既に営業している『リニア鉄道館』でも運転シュミレーターや物理法則を学べる模型を体験できます。

今まで滅多に行くことがなかった金城ふ頭ですが、体験できるリゾート地へと生まれ変わるようです。

レゴランドと、レゴランドで体験できること

f:id:s_dango:20170326101601j:plain

レゴランドは7つのエリアで構成されます。

ファクトリー レゴブロックの製造工程を見学したり、アジア最大級のレゴショップで買い物ができるエリア
ブリックトピア レゴブロックで作った車を動かしたりプログラミングでロボットを動かしたり、想像力を発揮できるエリア
アドベンチャー 冒険家となりきって古代遺跡や海底を探検できるエリア
レゴシティ レゴシティの住民となって自動車や飛行機や船を運転したり、消防士となって消火活動等を体験できるエリア
ナイトキングダム 中世のお城やファンタジーの世界を楽しめるエリア
パイレーツショア 海賊になりきって船に乗ったり他の海賊たちと戦い遊べるエリア
ミニランド 日本各地のランドマークや観光名所等をレゴブロックで再現したエリア

車や船といった乗り物の運転を体験できるような遊園地は今までもあり、レゴランドでも『レゴシティ』で体験することができます。私もゴーカートが好きで、その楽しかった記憶もあってか今でも車を運転することが好きです。こういった体験はとても刺激的で、子どものうちにしておけば将来に大きく影響するものです。

他の遊園地では滅多に見られないレゴランドならではの体験ができるのが『ファクトリー』『ブリックトピア』です。

ファクトリーでは実際にレゴブロックの製造工程を見学することができます。プラスチックを加工から成形、表面に印刷するまでの工程を見ることができる本格的な工場見学ができます。

ブリックとピアではレゴブロックの組み立て方や車を作ったりできるアトラクションがあります。またレゴマインドストーム(モーターを備えたプログラムが組み込めるブロック)でロボットを作ってプログラミングして自由に動かせるアトラクションがあります。

マインドストーム…自分もすごく気になっているのですがかなり高価なんですよね。そんなマインドストームを体験できるのは非常に貴重だと思います。

ものづくりの過程を見たり、自分でブロックの組み立て方を考えたり、プログラミングしてロボットを動かせる…こういった体験ができれば子どもにとても非常に刺激的で、想像力や学ぶ意欲に影響しそうですよね。

レゴランド・ジャパンは子どもの想像力や学習意欲を刺激する遊園地というわけです!

スポンサーリンク

メーカーズピアで体験できること

f:id:s_dango:20170326101553j:plain

メーカーズピアはレゴランドに併設された商業施設。2017年3月30日にオープン予定ですが、いくつか先行してオープンしていたので行ってきました。

f:id:s_dango:20170326101600j:plain

妖怪ウォッチのアンテナショップがあったり、

f:id:s_dango:20170326101558j:plain

お化け屋敷があったり、

f:id:s_dango:20170326101555j:plain

洒落た感じのお店に、

f:id:s_dango:20170326170025j:plain

肉!肉!

こんな感じで家族でもデートでも一人でも楽しめる場所です。

さてさて、メーカーズピアを歩いているとこんなものが目に入ります。

f:id:s_dango:20170326101547j:plain

ココイチキッズ体験!

f:id:s_dango:20170326101551j:plain

茶臼碾き体験!

そう、メーカーズピアはグルメやショッピング以外にも『体験』を楽しめる施設なのです!

Makertainmentとは、Make とEntertainment の造語であり、
「つくる喜び」をエンターテイメントとして共感していただくものです。
Maker’s Pier はここでしか体験できない「モノ・コトづくり」を通じて、
人に元気・活力を与えるエンターテイメント空間を提供していきます。
引用:Maker's Pier|メイカーズピア

メーカーズピアではこんな体験ができます。 

サンプル工房 食品サンプル作り体験
ロボ工房 ロボット作り、プログラミング体験
香源 におい袋作り体験
杉養蜂園 キャンドル作り体験
きなりがらす ガラス細工作り体験
サガミ 蕎麦打ち体験
西条園抹茶カフェ 茶臼ひき体験
CoCo壱番屋 カレー作り体験
ピッツェリア マリノ バンビーナ ピザ作り体験

※これ以外にも体験できる店舗があるようなので、分かり次第追加します。

【追記】

メーカーズピア公式Twitterアカウントで、メーカーズピアの体験メニュー一覧表を掲載していました。

ものづくりを体験できる商業施設、それがメーカーズピアなのです!

体験できる水族館『シーライフ』

名古屋市港区の金城ふ頭に4月開業する屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」の隣接地に2018年、水族館やリゾートホテルが開業することが2日、分かった。ホテルは252室を予定。水族館の詳細は明らかになっていないが、魚などの生態を学べる施設になる見通し。ブロック玩具「レゴ」とともに、子供が楽しめる施設が充実しそうだ。
引用:名古屋「レゴランド」隣に水族館 18年開業、リゾートホテルも(日本経済新聞)

レゴランド・ジャパンが金城ふ頭に2018年に『シーライフ』という水族館を開業する予定。水族館といえばすぐそばに名古屋港水族館がありますが、シーライフは「体験型のミニ水族館」という位置づけのため、競争にはならないという見込みだそうです。まあ名古屋港水族館の規模を考えれば、通常の水族館では太刀打ちできるものではありませんからね…。

水中生物について体験しながら学べる水族館ということで、これまた子どもの学ぶ意欲を刺激する施設になるかもしれませんね!

最後に

レゴランドにメーカーズピア、もちろんリニア鉄道館を含めて、金城ふ頭は『体験できるリゾート地』と生まれ変わりました。ポートメッセなごやで開催されるイベントに参加することがなかったあの金城ふ頭がこんなことに…。なんだか不思議なものですが、名古屋市の経済の力強さを感じられます。

ただ遊べるだけでなく、『体験できる』というのが大きなポイントかなと思います。体験することはとても刺激的なことで、想像力や知的好奇心や刺激されます。特に子どもにとっては凄く有益なことですよね。

また同じ港区内ではららぽーとの進出が決まっており、そしてその中に『キッザニア』が出店する予定です。どちらも名古屋初進出。金城ふ頭以外にも賑わう名古屋市港区エリアに目が離せませんね!あとは交通網が発展してくれれば…!

スポンサーリンク