ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

Amazonの格安タブレット「Fireタブレット」をレビュー

スポンサーリンク
お知らせ!

Fireタブレットよりもスペックが高いFire HD8を買ってみました。
Fire HD8はなんとデレステで遊べるぞ!
Fire HD8購入レビュー!コスパ重視のタブレットならこれ一択です!

※旧モデルのレビュー記事ですが、スペック的には変化がないため最新モデル『Fire7タブレット』を購入されている方にとっても参考になる記事となっております。

Fireタブレット レビュー

Fireタブレットは8980円(税別)で購入できる格安タブレットです。
そしてAmazonプライム会員になれば4000円引きクーポンが使えるので、なんと4980円で7インチタブレットが手に入る!やったね!
※Amazonプライムについては下の方で説明します。プライムはお得すぎるサービスなので絶対にオススメします!

さて「安物買いの銭失い」なんて言葉がありますが、Fireタブレットはどうでしょう。
「使いものになるの?」なんて思っている方も多いはず!
というわけで、今回はFireタブレットをレビューします!

Fireタブレットのデザインと強度

f:id:s_dango:20160111210842j:plain

Fireタブレットのベゼルは厚め。

iPadとかZenPadと比較すると、Fireタブレットは結構ゴツい。

f:id:s_dango:20160111210848j:plain

裏面にはamazonのロゴマークが。
デザインはシンプルで飽きの来ないものとなっています。
そしてゴツいけど、AmazonによるとFireタブレットの耐久性はiPad Air2の2倍!
Fireタブレットはシンプルでゴツくて頑丈!

サイズについて

f:id:s_dango:20160108091958j:plain

小さすぎず、大きすぎない、それが7インチ!
電車の中で電子書籍を読むのにしても片手で持ててページ移動できます。
また漫画の巻末コメントのような細かい文字も拡大せずに読めます。
5インチや6インチですと細かい字が見づらいのですが、7インチだとそういうのがありません。
漫画を読むにはぴったりなサイズだと思います。

動画についてはもう少し大き画面で見たいと感じるところはありますが、しかしスマホよりは大きい画面で視聴できることは大きなポイントかと思います。
また、動画に対して特に迫力とか求めないのであれば7インチで全く問題ないかと。

というわけで、「迫力とか特に求めないので電子書籍も動画もどっちも楽しめればOK!」って人には丁度いいくらいのサイズですね!

大画面のタブレットで迫力を感じながら動画を視聴したい!という方は10インチのタブレットがオススメですね。

Fireタブレットの処理速度等

CPUは4コアで1.32GHzで、メモリは1GB。
安さからも想像できるとおり、Fireタブレットのスペックはお世辞にも良いとは言えません。
しかしスペックと価格の割には結構しっかり動いてくれます。
またFireタブレットで電子書籍やプライムビデオを見ていてカクつくことや処理落ちするようなことはありません。huluも特にストレスなく見ることができます。

たまにクリーナーアプリでキャッシュを消してあげないと凄くモッサリしてしまうことがありますが、そこだけ大目に見れば良くできたタブレットだと思います!

Fireタブレットの電池持ち

Fireタブレットをフル充電の状態でガルパン全話(1クール)+OVA1話を見てみたところ、なんとそのまま充電すること無く全話見ることができました!ちなみに全話終えた時点で残量は30%ほど。
Fireタブレットはガンガン使っても電池は余裕で一日はもちますよ!

Fireタブレットのスピーカー

Fireタブレットのスピーカーは音割れするほどではありませんが、音質が良いというわけではありません。
気になる方はイヤホンやヘッドホンを使用することをオススメします。 

Fireタブレットの容量

Fireタブレットには8GBと16GBの二つのモデルがあります。
8GBモデルの場合、実質使える容量は初期状態で5GB程度。
そのまま使うとすぐにストレージがいっぱいになるので、SDカードにアプリを移したりクラウドをうまく使いましょう!

ちなみにFireシリーズではKindleの電子書籍やAmazonプライムビデオの動画をダウンロードしてSDカードに移動させることができます
大容量のSDカードが一枚あれば大量のコンテンツをFireタブレットと一緒に持ち歩くことができますよ!
SDカードにKindleの電子書籍やプライムビデオの動画を保存できるのはFireシリーズだけの特権なので非常に魅力的ですね!

SDカードにあらゆるAmazonのコンテンツを保存できるので、よほど特殊な使い方をしない限りは8GBで良いのではないかと思います。

Fireタブレットのカメラ性能

Fireタブレットのリアカメラは200万画素、フロントカメラは約30万画素相当。
このようにFireタブレットのカメラの画素数は低く、性能は良くありません。実際にリアカメラで撮影してみてもお世辞にも良いとは言えません。

Fireタブレットのカメラは「 おまけで付いている」くらいに考えたほうがいいでしょう。

おまけ:Fireタブレットでデレステ

「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」で遊んでみました!

 

FireタブレットのOSはAndroidをベースとしています。
本来はGoogle Playがインストールされていないため通常ならデレステで遊べないのですが、以下の記事を参考にして遊べるようにしてみました。

その結果、

無事にFireタブレットにデレステをインストールできました。
今回はデレステをインストールしましたが、こうすることでもちろんGoogleのPlayStoreで配信されている他のアプリもダウンロードできるようになります。
Amazonのアプリストアには無いものがたくさんあるので、PlayStoreを使えるようにすることで更にマルチメディアな端末にできますよ!

それではまずは『3D標準』でMVを見てみましょう!

f:id:s_dango:20160111223506j:plain

アカン…

この画質はまずい!デレステはドットゲームだった…!?
ボロボロです! 

次に2D軽量で「ススメ☆オトメ」Masterを遊んでみました。
※親指勢なので両手が下手です。

www.youtube.com

おお…もう…

反応は良くないですし、タップ・フリック音がしません。
こんな楽しくないデレステは初めてですよ!

結論:kindle Fireタブレットでデレステは無理!

MVも無理です!

まとめ

Amazonのコンテンツを楽しむことに適したタブレット

Fireタブレット…価格の割に素晴らしいタブレットだと思います。
AmazonがユーザーにKindleやプライムビデオを楽しんでもらえるよう設計したタブレットなので、Amazonのコンテンツを満喫するのにベストな格安タブレットです。
スペック的なところで気になるところがあるものの、しかしこれだけ使えるタブレットが1万円以下で購入できるのですから消費者にとってありがたいことこの上ありあせん。

Fireタブレットはこういう方にオススメ!

というわけで、Fireタブレットはこんな人にオススメ!

  • 読書、動画利用がメイン(特にAmazonのサービスを中心としたサービス)
  • ゲームはしない
  • とにかく安いタブレットがほしい

こういう方はとにかく買いですね!

もう少しスペックが良いものが欲しいという方へ

Amazonが配信する電子書籍や動画を楽しむならFireタブレットでOKですが、
たとえば…

  • ゲームも楽しみたい!
  • もっと画面が大きい方が良い!

という方は、Fire HD8をオススメします。
8インチ画は7インチ画面と比べても動画の迫力が違いますし、ゲームについてはデレステも2D軽量なら結構遊べるんですよね。
また金額はFireタブレットよりもやや高くなってしまいますが、しかしAmazonプライム会員なら7980円から購入可能で非常にお買い得。

Fire HD8は1万円以下で購入できるタブレットとしてはベストバイのタブレットですよ!

電子書籍を楽しみたい人へ

ここまで読んで「電子書籍だけを楽しめればいいんだよなー」という人がいましたら、電子書籍専用端末『Kindle』をオススメします。

私も通常のKindleとPaperwhiteマンガモデルの合計2台持っていますが、電子書籍だけを楽しみたいなら絶対にFireよりもオススメです。理由としては、本体の重量、1ページあたりの情報量、そして画面が紙を感じるような質感であること。

動画に電子書籍とマルチメディアな端末が欲しいのであればFireで決まりですが、電子書籍のみを楽しみたいのであればKindleをオススメします。

Amazonプライム会員ならFireタブレットが4000円引き!

Amazonプライムは年会費3900円(税込)の有料サービスですが、様々なAmazonのサービスが受けられます。

  • Prime Musicで音楽100万曲以上が聴き放題
  • お急ぎ便、お届け日時指定便が使い放題
  • プライムビデオで映画やTV番組が見放題
  • 対象のkindle本が毎月1冊無料で読める
  • タイムセールに30分早く参加できる
  • Amazonパントリー(食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつから必要な分だけ、ひと箱あたり290円の取扱手数料でお届け)

年間3900円…月額にして325円でこれだけのサービスを受けられるのは安いんじゃないかと!
それに加えてKindle端末が4000円引きとなるクーポン券が使えます。
Fireタブレット(8GB)は4980円に、(16GB)は6980円で購入できます。

Amazon凄く太っ腹すぎですよ!