ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

髭剃りは朝よりも夜する方が良いと思った

スポンサーリンク

髭剃りを朝やるか夜やるか

f:id:s_dango:20171110081627j:plain

面倒な髭剃り

どうも、人間で最も不要な毛は髭だと思っている団子です。

私は髭が結構濃いので毎日髭剃りをしなければなりません。例えば朝に髭を剃るとその夜に顎を触ってみたらは「なんかジョリジョリしてきた」って感じる程度には濃いです。

朝剃っても夜には髭が伸びてくる私ですが、最近夜の入浴中に剃るようになりました夜に剃ると翌日の夕方くらいには「完全にジョリジョリしてるじゃん!」って感じになります。周囲の人からはもしかしたらみっともない髭野郎とか思われているかもしれません。

まあもしそう思われていたとしても、朝剃っていたときよりも夜剃るようにしてからのほうが楽な気持ちで過ごせているんですよね。髭剃りは朝よりも夜の方がいいなあと思ったわけですよ!

というわけで今回は髭剃りのタイミングについて綴っていきます。

これまでは朝に髭剃りしていた

朝の方が肌の調子がよく髭剃しやすい

これまで朝起きてから髭を剃っていました。最たる理由としては、髭が濃いので一日も経たないうちに結構伸びてくるからですが、それに加えて夜よりも朝のほうが肌の調子が良いという理由もありました。

身体的に疲れると肌も疲れているようで、夜に剃ると肌がカミソリ負け高確率で出血するんですよね。女性も疲れていると化粧のノリが悪いとか聞きますが、髭剃りもそれと同じです。

一方朝に剃ると、夜に髭剃りするよりも明らかに肌への引っ掛かりが少なくカミソリ負けも少ないのです。

ちなみに朝でも体調が悪かったり疲れが取れていないと肌の調子も悪くシェーバーが引っかかりカミソリ負けしてしまいます。つまり髭剃りで自分の体調が判断できます。長嶋茂雄氏も現役の野球選手だった頃は髭剃りで体調の良し悪しを見極めていたとか。

髭剃りのために早起きしなければならない

しかしいくら朝の方が肌の調子が良いとは言え、眠たい朝に髭を剃るのは非常に面倒です。深剃りしたいので10分ほど時間をかけて剃っていきます。

朝の貴重な10分を髭剃りのために使うのがどれだけ面倒なことか…。

肌の調子を考えると朝に髭剃りするのがベストだと思うのですが、それ以上にただただ眠たいので、朝剃ることを習慣にしていても「あーメンドくせぇ」という気持ちしか湧いてきません。朝は少しでもダラダラゆっくり身支度してから出発したい気持ちが強すぎて、「髭剃りてぇ!」という気分に全くならないんですよね…。

冬だと朝でも肌の調子がよくない

春から秋にかけては朝起きたときに肌の調子がいいのですが、冬場だと朝起きた瞬間から肌が乾燥気味なので、もはや朝とか夜とか関係なくあんまり調子が良くないです。あと寒すぎてなおさら髭剃しようとか思いません。

朝起きてシャワー浴びながら剃るという手もありますが、眠たくてグダグダしたいモーニングタイムで髭を剃るために浴室に入るのは億劫ですね…。

夜に髭剃するようになった

仕事で人前にでることが少なくなったので…

今まで朝に髭をそっていた理由は、朝の方が肌の調子がいいからということもありました。ただ、それ以外にも転職したことで仕事で人前に出る機会が減ったということもあり、「夕方くらいにジョリジョリするようになってもいいか」と思ったのです。これまでよりも髭を気にする必要性が小さくなりました。

それが夜に髭剃りをしようと思ったきっかけですね。

朝時間に余裕をもたせたいので夜剃るようにした

とにかく朝剃ることに面倒臭さを感じていました。余裕を持って朝にダラダラ身支度できるようにしたかったのです。で、仕事で人前に出ることが少なくなったので、面倒くさい髭剃りを夜にすることにしました。

夜に髭剃りを済ませることで朝に10分程度の余裕が生まれたのですが、この10分が大きいのなんの

増えた10分のうち半分を睡眠時間に当てるようになりましたが、この5分の満足感がとても大きいのです。また残り5分を身支度に当てていますが、かなりのんびりと身支度できるようになりました。

風呂場で剃ればダメージ軽減

夜は肌がお疲れなので剃る際に気を使いますが、お風呂で顎と口周りをお湯で温めておけばシェービング時のダメージをかなり減らすことができます。追い焚きして最大限まで温めた後に、お湯をたっぷり染み込ませたタオルを5分ほど顎と口周りと当てておけば、肌も髭もかなり柔らかくなって剃りやすくなります。

それでも朝剃るほうがカミソリ負けしないのですが、多少の傷みも朝に剃る面倒さと比較したらまだ我慢できますからね!

朝よりも夜に髭剃りした方が余裕ができるのでおすすめ

夜に髭剃りするようになったきっかけとしては、転職したことによって夕方にジョリジョリし始めてもまあ大丈夫かなと思ったことでした。

実際に夜にお風呂で剃ってみると多少カミソリ負けしてしまうものの翌朝の髭剃りから解放されて、時間だけでなく心にも余裕が生まれます。朝に髭剃りしなくていい分、少し長く寝たりダラダラ身支度できるようになりました。

眠たい朝だからこそ少しでも時間が欲しいですよね。髭剃りに費やす時間を夜に回すことで、その少しの時間が得られるのです!

前職は営業職で夕方くらいにジョリジョリになることを恐れていたのですが、「髭が濃いから仕方ねえだろ!」と開き直って、夜に剃っておけばよかったとさえ思っております。やっぱり朝に余裕がある方がストレスが少ないですね!!

今後の髭との向き合い方について

朝でも夜でも髭剃りは面倒

夜に剃っとけば朝のんびりできるからOKって感じに綴ってきましたが…

まあ髭剃りそのものが面倒くさいんですよね!

朝剃ろうが夜剃ろうが結局一日のうちの10分は髭のために費やしています。

髭を永久脱毛したい

冒頭にも書きましたが、髭って体毛の中で最も不要な毛だと思うんですよね。

無くても困ることが一切ありませんし。そのくせして毎日嫌がらせのように伸びてくるのは何なの?

というわけで髭を永久脱毛してやりたいと思っちゃいますよね。

金銭的な問題で今すぐやるってわけにはいかないのですが、髭の永久脱毛しに行くことを来年の目標にしているくらいには髭を邪魔だと思っています。

とりあえず今は夜剃って朝だらだらできるようになったことが快適なのですが、更に快適にするためには毛根を破壊するのがベストかなと考えているわけですよ!

結論

夜剃ったほうが翌朝に時間的な余裕が生まれるので朝よりも夜剃り派に生まれ変わりました。ですが結局のところ、

髭剃り自体が面倒くさい!

そもそも髭剃りという行為そのものが辛いのですよ!