読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

日傘で刺された

雑記

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

日傘に刺された

 8月17日、お盆休みが終わり憂鬱な気分で通勤していた。職場の最寄り駅について、駅構内を歩いてたところ…、

 

グサリ

 

 休みボケしていた私の太ももに、まるで眠気覚ましのような痛烈な一撃が突き刺さった!

 

痛ああああああああい

 

 なんだよクソったれ!と思って確認してみると、なんと前を歩いてたおばさんの日傘の尖端が私の太ももに直撃しているではないか。その後おばさんは「すみません」と平謝りしてそそくさと逃げるように去っていった。いったい俺が何をしたというのか…ドちくしょー!

 

傘の持ち方・使い方に注意

f:id:s_dango:20160817223010p:plain

 件のおばさんは日傘を上のイラストのように握っていた。この持ち方は確かに傘を持ち歩きやすいのだが、しかし人間は腕を振って歩くため、この持ち方だと後ろを歩く人に傘の尖端が向いて大変危険である。現に私は太ももを刺された。

 危険であるにも関わらず、このように傘を持ち歩く人は結構いる。もちろんこれは日傘に限った話ではなく、雨傘にも言えることだ。ただどちらかと言えば、長くて杖のように地面をつくことができる雨傘よりも、短くて手元でぶらぶらしがちな日傘のほうをよく見かける気もする…まああくまで個人的な感覚なのだが。

 何も日傘を持ち歩くなとは言わない。日差しが痛いくらいに強い夏の季節、日傘を差してでも紫外線から肌を守りたいというのは分からないでもない。しかし日傘を持ち歩く/使うのであれば周囲に気を使ってほしいなと思う。たたんで持ち歩く際は尖端が常に下を向くように注意して握るとか。広げるにしても雨の日のように距離感を保ってほしい。雨傘を差すときはみんながみんな自然と間隔を空けるが、日傘を差している人を見ているとそれができていない人がいるように思えてならない。あと人混みの中でも平気で日傘を広げる人もいるが何考えてんだよ邪魔邪魔邪魔!!目に刺さったらどうすんだ!

 と思ってググってみたら増田に被害者がいた。

 日傘で目を突かれて失明したそうだ。

 

 …こんなことを書いていたら日傘へのヘイトが更に溜まってきた…!「規制しろ」とは言わないが、何とかならないものか。せめて日傘で迷惑を被っている人がいるということを理解してくれる日傘ユーザーが増えてくれれば…。もちろん、日傘を持っている人全員が配慮に欠けているとは思っていないが、どうしてもそういう場面が目についてしまうのだ。

 

 最後に

 日傘に限らず雨傘にも言えることだが、傘は結構な危険物なので持ち歩く/差す場合はとにかく周囲に注意して頂きたい。今回私が突かれたのは太ももだったから良かったものの、顔に当たれば…特に目に入ってしまったら大事だ。大事にならないためにも注意して傘を使ってほしい。

 

 そうは言っても神宮では盛り上がって傘をかざして東京音頭を踊ってしまうのだ…!

f:id:s_dango:20160818003153j:plain