ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

耐水・データ化可能なノート『ELFIN BOOK』レビュー

スポンサーリンク

ELFIN BOOKレビュー

文房具が好きで『実用性が高いオススメの文房具20選』という記事を書いたり『文ログ | 主に文房具のブログ』という文房具特化ブログを運営しているのですが、ある日中国の通販サイトGEARBEST様から「面白いノートがアルのでゆとりごとで紹介してよ」なんてお誘いがありました。当然断る理由もなく、むしろすごく興味があったので商品サンプルを頂きました。

今回は中国の面白いノート『ELFIN BOOK』のレビューを綴っていきます。

 

ELFIN BOOK開封 

f:id:s_dango:20170922161345j:plain

というわけでこちらがELFIN NOTE。カタカナで書くと「エルフィンノート」だと思うのですが、なんだかエルフェンリートっぽい…。ちなみにエルフィンノートと検索をかけると…

f:id:s_dango:20170923165812p:plain

なんか違う…。

まあそんなことはさておいて、GEAR BESTの担当者から見せて頂いたELFIN NOTEの内容は以下の通り。

  • 耐水なので水で濡れても大丈夫
  • 書いた内容を簡単にデジタルデータ化できる
  • 付属のボールペンは「消せるボールペン」である

個別で見るとそれぞれ目新しい機能とはいい難いのですが、これらを一つに集約させたノートというのは見たことがありません。なるほど、確かに面白いノートですね。

というわけで開封してみました。

f:id:s_dango:20170923171741j:plain

…おい!ちょっと! 

f:id:s_dango:20170923172017j:plain

フリクションじゃねーか!

ご存知「消せるボールペン」のパイオニア的存在、パイロットのフリクションが付属されていました。消せるボールペンが付属されているとは聞いていましたが、まさかフリクションが付属されているとは。お前、日本海を渡っていたのか…!

というわけでボールペンのレビューは無しで。ノートのみレビューしていきます。

 

 紙について

f:id:s_dango:20170922161449j:plain

罫線は9mm間隔、また罫線上には小さなドットが8mm間隔で配置されています。

紙は耐水性に優れたストーンペーパーで、プラスチックのようにツルツル。一般的に紙と言えば木材やケナフから作られているものがほとんどなのですが、ストーンペーパーは名前の通り石材から抽出された原材料が使われています。それ故に耐水性に優れており、強度も非常に高くて力強く引っ張っても簡単には破れません

鉛筆や油性ボールペン、水性ボールペンで筆記可能。しかし万年筆だとストーンペーパーの繊維の中にインクが吸い込まれないためまともに書くことはできません。

f:id:s_dango:20170922161524j:plain

ツルツルとした紙質のため、どんなペンで記入する際も摩擦をあまり感じず、一般的な紙よりもやや違和感があります。悪く言えば滑る、良く言えば滑らかって感じ。

水性ペンでも記入はできますがどうしてもインクが繊維に染み込みにくいため乾くのは遅いですね。付属のフリクション等、水性ボールペンで書く際には手にインクが付かないよう気をつけながら記入する必要があります。

というわけで、書くなら鉛筆やシャーペン、油性ボールペンをオススメします!

 

リング

f:id:s_dango:20170922161430j:plain

ELFIN NOTEはリングノートですが、このリングがやや特殊。

プラスチック製なのはいいのですが、一本の棒のようなものですべてのリングがつながっています。見た目的にはどうってことないのですが、ページを360度開けようとするとこの棒が引っかかるため360度開くことができません。180度開ける場合には全く問題ないのですが、リングノートの魅力を損ねている感じは否めません。

 

スマホアプリを使ってデジタルデータ化できる

f:id:s_dango:20170922164126j:plain

AndroidとiOS向けにELFIN BOOKのアプリが無料で配信されており、このアプリを使えばELFIN BOOK本体に記入した内容をあっという間にデジタルデータ化することができます。

f:id:s_dango:20170923202626j:plain

アプリを起動させてELFIN BOOKにカメラを向けると、ページ周りの太線を認識してくれて、シャッターを押すと太線に合わせて自動でクロップしてくれます。キングノートから発売されているショットノートとよく似た仕組みですね!

f:id:s_dango:20170922161624j:plain

あえて斜めから読み取ってみたのですが、ゆがみも少なく結構キレイにデータ化できています。データはJPGとしてスマホ本体に保存されますが、Evernoteとリンクさせてアップロードすることもできます。

スキャナーを使わずにスマホで手軽にデータ化できるのはやはり便利ですね。書いた内容をすぐにグループに共有できます。

 

耐水性能

耐水性能については…

f:id:s_dango:20170922164119j:plain

シャワーを使って雨に打たれ続けている状況を仮定しながら書いてみました!

ちなみに使用するボールペンは濡れた紙でもよく書ける加圧ボールペン『エアプレス』を使用。

※エアプレスや他加圧ボールペンについては以下の記事を参考。

ELFIN BOOKにシャワーを当てながらエアプレスで記入してみました。

全く問題ないですね! 

濡れていても全く問題なく書けます。一般的なノートだと濡れた時点ですぐにグチャグチャになってしまいますが、ELFIN BOOKは濡れていてもスラスラ書くことができます。

※濡れても大丈夫だからと言って、濡れたまま放置しないように。濡れたままノートを閉じるとインクが滲む可能性があるため、ちゃんと拭くなり乾かすなりして水分を落としましょう。

まとめ

f:id:s_dango:20170922161559j:plain

専用アプリを使って簡単にデジタルデータ化でき、耐水性に優れた紙を使用しているので雨の中でも書くことができます。

雨の中でもメモや記録できますし、簡単にデータ化してグループに共有することができるので、外での仕事等に使えるノートですね!

どちらかの機能を持ったノートは今までにもありましたが、両方を兼ね備えたノートはありそうでありませんでした。この組み合わせはなかなか重宝すると思います。え?消せるボールペン?なんのこと?

ELFIN BOOK、確かに面白いノートでした。屋外で活動する人にオススメしたい文房具ですね!