ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

ブログがきっかけでWebマーケッターに転職しました

スポンサーリンク

営業からWebマーケッターに転職しました

f:id:s_dango:20170929154219j:plain

どうも、元営業マンの団子です。

大学を卒業してから4年半ほど営業マンとして主に飛び込み営業とかやっていましたが、この度転職してWebマーケティング職になりました。営業マンだったため、ついこの間まで「今後もずっと営業マンとして生きていくのだろう」とか漠然と思っていただけに、まさか他職種に転職できるとは我ながらびっくりといった具合ですね。もちろん内定を頂いて超嬉しいですよ!

今回は転職の理由とか、転職活動中の話を綴っていきます。転職とかキャリアチェンジを考えている方の参考になれば幸いです。

転職した理由

ついこの間まで営業マンだったわけですが、別に営業が嫌いだとかそういうことは一切なく、むしろ楽しいなと思うことも多かったです。それでも別の職種へと転職しようと思った理由は以下の通り。

  1. 転職する際にもし可能なら専門的な職種が良いとか考えていた
  2. ブログ運営してきて、いつかWeb関係の仕事に就きたいとか思うようになった
  3. 前職で高速道路を移動中に後続車がぶつかってきて、毎日のように運転することのリスクを考えるようになった

ブログをきっかけにWeb分野に興味を持ったのでこれを仕事にできればなあ…と思ったことが大きいですね。「Web分野にもっと深く携わっていきたいなー」と考える機会が増えてきていたので、Web業界へ転職したいという気持ちがありました。「ブログで独立!」ではありませんが、「ブログで転職!」って感じですね。趣味も仕事も好きなことに打ち込みたかったのです。

ただ転職するにしても「今すぐに」とか考えてはいませんでした。「そのうち、結婚するタイミングで」とか思っていました。まあ結婚する予定は当分ありませんが。

しかし前職で高速道路を移動中に事故られるという恐怖体験を味わい、これが転職への決断を早めることになりました。車で片道500km以上を移動することが結構多くて、その分事故に合うリスクも高かったんですよね。この事故では運良く怪我とかは無かったのですが、実際に事故に合って「今後もこれを続けていくのか」と考えてみたときに悩んでしまったので、これを機に転職するのも有りかと思いました。

書類選考は結構通過できる

転職すると決めて即転職サイトに登録。Web履歴書やら職務経歴書をササッと書いて、ブログの実績的なものは備考欄や未使用の項目に書いて提出していました。「未経験者歓迎」だけでなく経験者募集している企業にも応募していたのですが、思いのほか書類選考をパスできました。

で、面接に行ってみるどの企業でも「個人レベルで10万PV以上は凄い」と評価してくれるのです。100万PV以上ひしめく怪物ブロガーをたくさん見てきた自分にとっては「こんなもんで満足していてはダメだ」と思ってしまうのですが、普通に考えたら10万PVって結構難しいですよね。それも個人レベルとなると尚更のようです。

趣味で運営してきたブログをプロの人達が評価してくれたのはとても嬉しかったですね。転職してみようと思ったものの内心「Web関係の仕事に就けるかどうか」と不安に感じるところが強かったので、これは結構自信になりました。

職種は幅広く選考を受けてみた

ところでWeb関係の仕事と言ってもその職種は様々で、Webディレクターとかプロデューサー、コーディング、マーケティングに他諸々あります。せっかくの機会だったのでそれぞれ選考を受けてみましたが、最終的にWebマーケティング職を選びました。

Webマーケティング職を選んだ理由としては、日常的に解析ツールとか触れたりPVや収益を上げたいと考えていたから、また選考を受けている中でWeb集客の話が最もウケていたことですね。ブログなのでディレクションとかプロデュースといった部分には疎く、またカスタマイズも基本的には他の人のコードを参考にすることが多かったので、最終的にはWebマーケティング一本で選考を受けていくことに決めました。

「ブログを見せて」と聞かれることは多かった

どういったブログを運営しているのか見せてほしいと聞かれることは多々有りました。

ブログを運営していることを友達にも教えていないのでやや抵抗はありましたが、技術職だと製作物の提出を求められることがあると知っていたので、若干恥ずかしさを覚えながらも提出していました。企業としては「本当にこいつ実績あるのかよ」と疑うところはあるでしょうし、自分としても運営しているブログこそが実績そのものですからね

きっとあの面接担当者もこの記事を…読んでいるかなー??

面接の内容はやっぱり技術的なこと

どの企業も「個人ブログでこの実績は面白いねー」的な話から始まって、ブログで成果を上げるためにこれまでどんな施策を行ってきたのかという話で終始盛り上がります。流石に面接の具体的な内容は書けませんが、どんなツールを使っているとか、Googleの検索順位を上げるためにどんな対策を行っているか等々

他にも「趣味でやってきたことをビジネスで活かせるかどうか」と聞かれることが有りました。この質問を一発目に食らったときに「何とかなるっしょ!」的なことを言ってしまい失敗してしまいました。それ以降はアフィリエイトで収益に結びつけていると話をして「一応ビジネス的な観点でも運営していますよ!」みたいなアピールをするようにしたら面接担当者も納得したような表情をしてくれて、選考を通過することが多くなりました。アフィリエイトもスキル必須な商売ですから、そこで成果が出ているとやはり評価してもらえるのだと感じました。

ブログで転職

営業職から多職種への転職、趣味をビジネスに活かせるのかといったところで苦戦したのですが、結果的に無事転職することができました。

今回このような転職活動を行ってみて思ったことは、「ブログはWeb分野に興味を持ったり勉強をするのに丁度いい」ということ。デザインとかコーディングとかライティングとかSEOとか、ブログを運営する中で学ぶことはかなり多く「ブログ運営で手に職つけられるんじゃね?」なんて感じました。もちろんブログ運営の経験をそのまま仕事として活かせるほど甘いものではないだろうと思っていますが、その世界に飛び込むキッカケとしては、取っ付きやすさも加味してベストなのではないでしょうか。

今回転職してみて『ブログ運営でキャリアの幅を広げられる』ことを証明できました。まあ証明するために転職したわけではありませんが…。「ブログで起業!」ならぬ「ブログで転職」ですよ。前者よりも圧倒的に現実的!

趣味で情報発信を目的にブログを運営してきましたが、将来の選択肢を増やしてくれていました。「運営してきて良かったなー」と改めて感じましたね!