ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

クジラの赤身肉ステーキを堪能!名古屋伏見の『ビストロゲイリキ』

スポンサーリンク

クジラを食べよう!ビストロゲイリキ

名古屋伏見

 名古屋市中区は伏見。広小路通の沿い。

f:id:s_dango:20160813083552j:plain

  ここに『ビストロゲイリキ』というお店がある。ゲイリキを漢字で書くと『鯨力』。つまりここは鯨料理専門店なのだ。

f:id:s_dango:20160813083614j:plain

 まるで牛の赤身ステーキのようなビジュアル。これが鯨肉のステーキ…気になって仕方ない!

 そんなわけで『熟成鯨赤身のレアステーキ』を食べにビストロゲイリキに入ってみた。

 

熟成鯨赤身のレアステーキ

f:id:s_dango:20160813083321j:plain

 ビストロゲイリキの店内は結構洒落た雰囲気で、女性グループの客もちやほや見えた。デートにも使えそうだが、あいにく相手がいないので…(半ギレ)。

 

 ところで鯨肉というと小学時代に給食で食べたっきりで、それ以降一度も食べていない。味はほとんど覚えていないのだが、クセのある食べ物という記憶だけはある。だからゲイリキに入って楽しみな反面、「どんなんだっけ?」という妙なドキドキがあった。

 

 店員さんから頂いた冷たい緑茶を飲んで過ごすこと数分。

f:id:s_dango:20160813095444j:plain

きた!熟成鯨赤身のレアステーキ定食! 

 

f:id:s_dango:20160813085157j:plain

 これが鯨肉…まるで牛の赤身肉みたいじゃないか!

 

f:id:s_dango:20160813085239j:plain

 ソースをかけて…

 

f:id:s_dango:20160813085218j:plain

めちゃくちゃ美味そうじゃないか…!

 肉だ!完全に肉だわ!頂きます!

 

……これは!

肉だけど魚っぽい!!

 

f:id:s_dango:20160813085320j:plain

 肉と魚の中間といった感じだ。赤身肉のように肉々しい食べごたえ・食感なのだが、味は赤身魚にも似ている。恐らく血の臭いがするからだろう。それ故に独特なクセがあるのだが、噛むと牛の赤身肉のように旨みが出てくる。そして赤身肉なので口の中が脂でしつこく感じない、ヘルシーな味わい。

 ソースはステーキでよく使われるような醤油と玉ねぎの甘辛いステーキソース。鯨肉の旨みを引き立てると同時に、独特なクセを和らげて食べやすくしてくれている名脇役といった感じだ。

 

f:id:s_dango:20160813085300j:plain

鯨肉いけるじゃん!

 他の肉では味わえない「赤身魚に似た味わい」に魅力を感じた。想像以上に良かったので、他のメニューも食べてみたい…酒と一緒に!

 

店舗情報

 ビストロゲイリキは市営地下鉄伏見駅を出て徒歩で3分くらい。広小路通沿いのなか卯の上に店舗を構えている。 

【所在地】
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1−4−9
【電話】
052-228-9293
【営業時間】
平日:11時30分~14時30分, 17時00分~22時30分
休日:17時00分~22時30分

 

 休祝日のランチタイム営業はやっていないため要注意。

 

f:id:s_dango:20160813085157j:plain

 ビストロゲイリキでクジラのステーキを堪能しよう!

 

 ちなみにビストロゲイリキはゆとりごとでも以前紹介した『下の一色』と同じ系列のお店。店も近い。伏見駅を利用することが多い人は是非両方とも行ってみよう!

f:id:s_dango:20160813093151j:plain