読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

はじめてKindleを買ったのでレビュー

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

電子書籍専用端末のAmazon『Kindle(キャンペーン情報無し)』を6980円で買って使ってみたので、感想を書いていく。

 

fireタブレットとの比較になるが、先に結論を書いておくと「読書するならfireタブレットよりもKindleの方が絶対良い!」ってカンジだ!

 

他のKindle端末との比較

買う前にすべてのKindleと比較してみた。

  Kindle Kindle Paperwhite Kindle Voyage Kindle Oasis
価格 ¥8,980 ¥14,280 ¥23,980 ¥35,980
内蔵ライト なし LED 4個使用 LED 6個使用
明るさ自動調整機能付き
LED 10個使用
明るさの均一性が向上
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン
ページめくりボタン付き
タッチスクリーン
ページめくりボタン付き
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 300ppi

バッテリー内蔵カバー

なし なし なし あり
バッテリー 数週間 数週間 数週間 数か月
※バッテリー内蔵カバー装着時
接続 Wi-Fi Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
Wi-Fiまたは
Wi-Fi + 無料3G
重量 161g Wi-Fi : 205g
Wi-Fi + 無料3G : 217g
Wi-Fi : 180g
Wi-Fi + 無料3G : 188g
Wi-Fi : 131g
Wi-Fi + 無料3G : 133g
(カバー未装着時)
サイズ 160 x 115 x 9.1mm 169 x 117 x 9.1mm 162 x 115 x 7.6mm 143 x 122 x 3.4-8.5mm

Kindleは安いので内蔵ライトがついていなかったり解像度が低かったり、3G搭載モデルがない。

「暗いところで読める/読めない」という点は、どれを買うか選択する際に非常に大きな要素になりそう。

ただ私としてはそもそも暗いところで読もうと思っていなかったので、内蔵ライトがあってもなくてもどっちでも良かった。

3Gはあれば便利だろうけど、家でダウンロードしておけば外で読めるし、いざとなったらスマホのテザリングで充分かと思った。

 

開封 

f:id:s_dango:20160723081448j:plain

なんだかAmazonっぽくない色の箱を開けてみた。

 

f:id:s_dango:20160723081445j:plain

中に入っていたのは本体と充電ケーブルのみ。

ACアダプターがないのだが、PCにケーブルを接続して充電…ってことなのかな?

だとしてもACアダプターをコンセントに繋げて充電したいので、私は手持ちで余っていたACアダプターを使用。

 

大きさと重さ

f:id:s_dango:20160723081436j:plain

fireタブレットと横に並べてみた。

かなりコンパクトで持ち運びには便利。

161グラムという重さは片手で持っていてもあまり疲れない重さだ。

私が使っているスマホ『P9lite』の重量が147グラムなのだが、5.2インチサイズのスマホと14グラムしか変わらない。

fireタブレットが313グラムなので、それと比べるとやっぱり軽くて負担が少ない。

読書に集中したいならやっぱり軽いほうが良いよね!

 

 読んでみた

まずはビジネス書を読んでみた。

最も驚いたのが、一ページの情報量がfireタブレットと違うことだ。

f:id:s_dango:20160724150254j:plain

右のkindleの方が1ページあたりの情報量が多い。

さすが読書専用端末と言ったところだ。

本を読むという点においては1ページあたりの情報量が多いKindleの圧勝だ。

調べてみたら、Kindleよりも解像度の高いPaperwhiteは更に1ページあたりの情報量が多いようだ。

 

f:id:s_dango:20160724145743j:plain

またfireタブレットのようにバックライトが無いので目が疲れない。

想像していたよりも紙の感じが出ている。

「読書に集中したいならfireタブレットよりもKindleの方がいい」と聞いていたが、確かにそのとおりだと思った。

これにはちょっぴり感動…!

 

続いて漫画を読んでみよう。 

f:id:s_dango:20160723081615j:plain

本編を読むだけなら問題なし。

しかし繊細な絵となると解像度が167ppiしかないので物足りない感じがする。

f:id:s_dango:20160723081528j:plain

そしてコラムページだと字が細かすぎて読みづらい。 

f:id:s_dango:20160724144933j:plain

あとKindleは白黒表示なので、カラーページも当然白黒になる。

漫画専用として読書用端末を買うならfireタブレットの方が良いかもしれない。

「文庫本やビジネス書を読みたい」というなら断然Kindleの方がいい!

「漫画も読むけど白黒でも構わない」って場合でもKindleでOK!

「Kindleでは漫画しか読まない」って場合はfireタブレットの方が満足できるだろう。

 

ブラウザ

f:id:s_dango:20160723081447j:plain

なんとKindleにはブラウザ(体験版)機能が…!

f:id:s_dango:20160723081444j:plain

はてなブログも見られる! 

f:id:s_dango:20160723081435j:plain

「ゆとりごと」もレスポンシブル画面で表示されるところを見るとJavaScriptが動くようだ。

ただしKindleのブラウザ機能は非常に使いづらいので、たぶんもう使わないだろう!

 

最後に

コンパクトで軽く1ページの情報量もfireタブレットと比べて多いので、読書が更に気楽になって満足!

ちなみにキャンペーン情報有りと無し(10980円)があるのだが、私は2000円高い金額を払って広告無しを購入。

そのため煩わしさが無い!

またプライム会員なので4000円引きの6980円で購入できた。

やっぱりAmazonプライムは最高だぜ!

読書に集中できる端末がほしい!って方にとってKindleは非常にお買い得な商品だと思う。

プライム会員であれば他のKindle端末も4000円引きで買えるので、他のKindle端末と機能を比較してみては如何だろうか。

 

 

おしまい。