ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

大阪市内のガストで見た「子どもがトイレでベリーロールか背面跳びする注意標識」

スポンサーリンク

大阪市内のとあるガストのトイレでこんな標識を見かけました。

f:id:s_dango:20151122110038j:plain

色で注意標識と判断できます。

絵だけを見て私は「高飛びで、ベリーロールか背面跳びで跳んでるのかな?」の無知全開・クソ感性・まぬけなことを思いました。

さて、みなさんはこの標識なんだかわかりますか?

 

 

f:id:s_dango:20151122111036j:plain

ベビーチェアから転落する恐れあり!という注意標識でした。

トイレですしね、よく見れば人も小さいですし、文字を見て納得しました。

上の方で左からニョキっと伸びている棒はバーではなくてベビーチェアなんですよ。で、下の方では弾けているのは地面を蹴った衝撃を表現しているのではなくて床に落ちた衝撃を表現しているんですね。

いやー!小さい子どもがトイレでベリーロールとか背面跳びするはずがありませんよね!

 

 

駅のホーム等で他のデザインの転落注意の標識は見かけるんですが、このデザインは今回初めてみたんですよね。

 

で、後ほど画像検索に掛けてみたら、同じ標識の画像が見当たらないのですよ。

もしかしたらこの店独自のピクトグラムなのかもしれませんね。

まあ単に私が無知で探しきれていないだけかもしれませんが…。

 

インフォグラフィックス―情報をデザインする視点と表現

インフォグラフィックス―情報をデザインする視点と表現

 
世界のサインとマーク

世界のサインとマーク