ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

丸亀製麺の「お茶漬け」は安くてうまい

スポンサーリンク

 学生時代に夕食のほとんどを近所の丸亀製麺で食べていた友人がいる。丸亀製麺のうどんが大好きというよりも、安い金額でおなかが満たされるという理由で丸亀製麺に通っていたと話していた。流石にうどんばかりでは飽きそうだが、彼は丸亀製麺でうどん以外のものを食べて飽きを凌いでいたという。

 そんな彼と大学卒業前に丸亀製麺に食べに行った際に裏技を教えてもらった。

 

うどん出汁のお茶漬け

f:id:s_dango:20151106123303j:plain

 多くの丸亀製麺には「だし汁」のサーバーが設置されている。これで自由に出汁を足すことができるのだ。

 

f:id:s_dango:20151106123301j:plain

 また、丸亀製麺ではご飯で注文することができる。1杯120円となかなか気前が良い。明太子はトッピングメニューなので別料金となるが、これで200円を切ってくる

 正直これだけでも食べられるのだが、今回は明太子ご飯に天かすと青ネギを乗せてだし汁をかける。

 

f:id:s_dango:20151106123306j:plain

 そうするとお茶漬けになる。

 これが裏技メニュー、丸亀製麺のお茶漬けだ。明太子以外のトッピングは無料なので、200円以下でお茶漬けが楽しめる。かけうどん用の出汁だが、お茶漬けにしても何も違和感なく食べられる。

 丸亀製麺でお茶漬けを食べる…こんな裏技が存在するのだ。

 味も美味しく、この裏技メニューはオススメの一品だ。うどんよりもオススメできるくらいに美味しい。

 

天茶漬けにしよう!

 丸亀製麺には天ぷらがずらりと並んでいる。この天ぷらを使って天茶漬けにすることもできる。

f:id:s_dango:20160909234155j:plain

 この手のものはかき揚げを使うのがベターかも知れないが、丸亀製麺のかき揚げはでかすぎるので結構食べづらい。その代わりにとり天やキス天で天茶漬けにしてみると非常に美味しい。うどん出汁との相性が抜群なのだ。おろし生姜を入れてみてもやはり旨い。

 天茶漬けについては別記事にていろいろと試した結果をまとめているので、是非参考にして頂きたい。

 

最後に

 丸亀製麺ファンの間では結構有名な裏技らしく、「丸亀製麺 お茶漬け」でググってみるとかなりヒットする。テレビ番組でも取り上げられたらしい。

 友人がこれを自ら編み出したかどうかは知らないが、丸亀製麺という限られた世界の中でうどん以外の楽しむ裏技を教えてくれたグルメな友人には感謝している。お茶漬け以外にもご飯とてんぷらを使って天丼にするなど、存在するメニューを駆使してうどん以外のお茶漬けや天丼を楽しもうという、裏技を編み出した先駆者たちの発想と努力に敬意を表したい。

 そして皆さんに丸亀製麺のお茶漬けを是非試して頂きたい。

 

丸亀製麺のお茶漬けまとめ