ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

Cha−cafe深緑茶房に行ってみました

スポンサーリンク

前々から…学生の時から行こう行こうと思っていて結局全く行けていなかったのですが、ようやく行ってきました。

【深緑茶房】茶カフェ

 

場所は名古屋駅から歩いてすぐ近く。

 

出汁が売っている自販機のすぐ近くです。

s-dango.hatenablog.com

 

 

f:id:s_dango:20151017134014j:image

都市部ですが路地なので結構静かです。
ちなみに夜になると夜のお店が開店して賑やかになるエリアです。

f:id:s_dango:20151017134034j:image

今日はこの栗きんとんを食べましょう!


f:id:s_dango:20151017134156j:image
ついでにシフォンケーキも食べましょう!
 
三重県の伊勢茶は全国でも第三位を誇る茶処で知られています。
飯南町で生産されるお茶は日中と夜間の温度差が大きく、
葉肉が厚くしっかりとした茶葉が育ちます。
そのため、旨味成分が豊富で渋味があるのも伊勢茶の特徴です。
その渋味をまろやかにするため、一般的な煎茶の2~3倍深く蒸すことで
さらにおいしく味わい深いお茶になります。

f:id:s_dango:20151017134206j:image
今回頂くお茶は千寿という種類のお茶です。
お茶の種類はもう一種ありまして、そちらは渋味が特徴(と書いてあったと思います)。

f:id:s_dango:20151017134228j:image
左が栗きんとん。
まぶしてあるのはココアパウダーではなくほうじ茶のパウダーです。
ほうじ茶の香ばしい香りが栗の甘さを引き立てて非常に美味。
 
シフォンケーキは緑茶の風味とケーキの甘味がマッチして、こちらも美味。
生地にあずきが入っています。

f:id:s_dango:20151017134243j:image
そしてお茶。
ドリンクでありながらメインディッシュ。
緑茶独特の苦味(この苦味が大好き)の後すぐに甘味が口の中に広がり、飲んでからもしばらく口の中に残るので、説明にも書いてあったように余韻に浸れます。
甘味はとても自然なもので、「あ、これは体に良い甘味ですわ」と思える甘味です。
ホッとします。
 
 

グルメ-名古屋 カテゴリーの記事一覧