ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

例えば電車とかエレベーターに乗り降りする際に、自分の脳内でテーマソングを流すじゃん?

スポンサーリンク

プロ野球には入場曲というものがある。

例えばヤクルトスワローズの川端慎吾が神宮球場で打席に立つときにFUNKY MONKEY BABYSの『悲しみなんて笑い飛ばせ』が流れる。

この歌は川端専用のチャンステーマとして使われており、球場で応援するときは非常に盛り上がる。

チャンテは「夏祭り」のほうが好きなんだけどね。

 

プロ野球選手の入場曲にならい、毎回ではないが私も電車とかエレベーターで乗り降りする際に頭の中でテーマ曲を流すようにしている。

たったそれだけの理由なのだが、自己満足のためだけに脳内で曲を流すのだ。

皆さんも同じように脳内でテーマソングを流した経験が少なくとも1度や2度ほどあることだろう。

無いはずがない!

あるよね!

 

さて私の場合はTOKIOAMBITIOUS JAPAN!」を脳内で流すようにしている。

なぜこの曲かと言えば、かっこいいの一言に尽きる。

ご存じJR東海700系、N700系の車内チャイムとして流れるこの曲。

東海道新幹線のために作られた曲で、歌詞には夢と希望が溢れており、メロディラインは颯爽と駆け抜けていくようなイメージを感じさせてくれる。

電車に乗るときに「デンデンデンデデンデデンデンデン♪デンデンデンデデーン♪」

と前奏から入るようにしている。

そのままラストまで脳内で流し続ける。

 

エレベーターに乗るときも同様に「デンデンデンデデンデデンデンデン♪デンデンデンデデーン♪」と前奏から入るが、サビにたどり着く前に終わってしまう。

しかしエレベーターだと前奏前で終わってしまうことがほとんどである。

実に残念。

 

ちなみに別に乗り物に乗る際に限定はしておらず、横断歩道を走って渡るときもAMBITIOUS JAPAN!が脳内で流れる。

こういったときはサビから流れる。

実に都合が良い。

エレベーターもそうすればいいのに。

 

きっと私がプロ野球選手になっていたら間違いなくAMBITIOUS JAPAN!を入場曲にしていたことだろうが、もはや夢のまた夢の話。

余談だが「いい日旅立ち・西へ(鬼束ちひろ)」も好きである。

 

AMBITIOUS JAPAN! - Wikipedia

 

今週のお題「私のテーマソング」