読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

肉フェスのような大型グルメイベントに行かない理由

雑記

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

肉フェスで食中毒?

東京と福岡で行われていた肉フェスで食中毒発生の疑いが。

生のままの鶏肉食べたら下痢に嘔吐に腹痛に…。

暑くなってきて食品が傷むのが早くなってきた中で、肉を生で提供するというのが如何なものかと。

それも空調のない屋外で。

食べることが大好きな私でも流石に避けて通る。

 

ところで私は肉フェスのような大型グルメイベントに興味はあってもまずいかない

こういうイベントの情報だけを見ると「行きたいなー」「食べたいなー」と思う。

でも、行くと間違いなくがっかりするので行かないことにしている。

 

だって…

明らかに料理が雑じゃん!

 

料理する環境が悪い?

「美味しい」はこの世における絶対的な正義である。

とにかくうまいものを食べたい!という主義の私だが、大々的にやっているグルメイベントだけは行こうと思わない。

小規模のイベントならまだしも、大型グルメイベントは全く行く気が起こらない。

 

だって大人数をさばききれていないじゃん!

それ故に料理が雑じゃん!

明らかに割高、落ち着いて食べられない等々、大型グルメイベントに行かない理由なんて捻りだせば他にもっと出てきそうだ。

ただ何よりも、大人数をさばききれないがために料理が総合的に雑になっているのが許せないのだ。

 

これは別に店が悪いわけじゃないと思っている。

料理する環境が悪いのだ。

野外と言うことで実店舗と比べると調理設備は劣るだろう。

客をさばくためにもひたすら料理し続ける必要がある。

「ひたすら料理する」のであれば実店舗でもやっていることかもしれないが、実店舗と違ってイベントには満席がないためスタッフは息をつく暇もない。

また表が丸見えなブースなので、腹ペコリンたちの「はやく食べたい!」という威圧をモロに浴びながら料理することになる

おまけに屋外でやれば太陽がギラギラ、屋内でも熱気がムンムン。

客目からしても料理するには適さない環境じゃん。

それこそ十分に火が通っていないダメダメな料理とか出てきそう。

今回問題となっている肉フェスも「見た目詐欺」だの「切れっ端が出てきた」だのタイムラインで流れていたけど、明らかに雑になっているじゃん。

イベントの情報だけ見ると楽しそうだけど、こんな環境で作られた料理を食べにいこうとは思わないよね。

 

 

こんなことを書いてきたけど、中小規模のグルメイベントとか縁日の屋台なんかでは食べるんだよね。

だって大規模イベント程の極限状態じゃないからね。

設備的には客目からしてもヘッポコだけど、行列はできないし料理している人も明らかに余裕がある。

大規模イベントほど雑にはならない。

要するにちゃんと客をさばける環境ならいいと思っているんだよね。

たまに野外で食べると「外で食うとうまいんだよ!」っていう台詞はよく分かる。

中規模でローカルなビアイベントとか最高だよね!

 

なにはともあれ、安心して美味しいものを食べたい。

有名店の料理でも、極限状態で作られて安全性が欠けた料理はノーセンキューだよ。

 

追記

疑いではなく、やっぱり食中毒だったので主催者が謝罪。

暑い野外で肉フェス、それも生肉が出てくるなんて、そりゃあ食中毒も発生するよね。

食中毒の危険があるのに写真詐欺メニューを食べたいなんて一切思わないからね。

今回の件で私も絶対に肉フェスには行かないよ。

 

 

 

おしまい。