読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

日本三大うどんの一角?「氷見うどん」はモチモチつるつるウマい

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

※とりあえず食レポを読みたい方は目次の”【食レポ】富山県氷見市「なごみ かなや麺業」”からどうぞ。

「氷見うどん」の雑学

氷見うどんは富山県氷見市の郷土料理だ。

うどんで全国的に最も有名なのが讃岐うどん。氷見うどんは讃岐うどんと比べるとマイナーかもしれないが、「日本3大うどん」を語る際には外せない存在なのだ。*1

さてうどんには大きく分けて「手打ち」「手延べ」という製法があるがあるのだが、氷見うどんは「手延べ」という製法で作られている。。

「手打ち」とはざっくばらんに説明すると手でこねたり足で踏んで平たくしてから包丁を入れて麺にしていく製法だ。讃岐うどんがこの製法で作られており、「手打ち」で作られたうどんには強いコシが生まれる。

一方「手延べ」はロープのように長い形にして、両方から引き延ばすという動作を細くなるまで何度も繰り返し 行う製法だ。「手延べ」で作られた麺はのどごしが良い。氷見うどんは「手延べそうめん」と同じ製法で作られている。

そんなわけで手延べで作られた氷見うどんはのどごしの良いうどんなのだが、なんとコシもある。通常手延べで作られたうどんはコシが弱くやわらかいものになってしまうのだが、氷見うどんはコシもあり食感がもちもちとしている。

というのも氷見うどんは「手打ち」のように生地をしっかりこねてから「手延べ」するからだ。しっかりこねた生地を手延べで細くするという作り方。だからコシが強くてのどごし良い麺となるのだ。

 

要するに氷見うどんは「手延べ」「手打ち」の両方の良さを兼ね備えたうどんなのだ。 

 

【食レポ】富山県氷見市「なごみ かなや麺業」

石川県七尾市から山を越えて富山県高岡市を目指している道中にすき家があったので昼食を取ろうかと思い駐車場に入ったのだが、その裏に「お食事ができる製麺所」という文字が見えた。 

f:id:s_dango:20160306134245j:plain

氷見うどんの製麺所で食事ができるというのだから行くしかない。すき家には悪いが、せっかく氷見にいるのだから、ここは氷見うどんの製麺所で氷見うどんを食べるべきだと脳と胃が主張して仕方ないのだ。

f:id:s_dango:20160306133735j:plain

そんなわけで「なごみ」で氷見うどんを頂こう!

 

f:id:s_dango:20160306134249j:plain

創作料理ならぬ「創作うどん」みたいなメニューが結構あるじゃないか!

特に気になったのがコレ。

「スタミナ味噌/鶏チャーシュー/鍋うどん」で合っているだろうか。

とにかくこれを気になって食べたくて仕方ないので、ほとんど悩むこと無くスタミナ味噌鶏チャーシュー鍋うどんを注文した。

 

スタミナ味噌鶏チャーシュー鍋うどん

これが「なごみ」のスタミナ味噌鶏チャーシュー鍋うどんだ!!

f:id:s_dango:20160306133717j:plain

おお!美味しそう!

赤みそを使った鍋うどんですね!

f:id:s_dango:20160306133718j:plain

鳥チャーシューがいい感じ。

 

まずは赤みそを使ったスープから。

f:id:s_dango:20160306133722j:plain

うん!美味しい!

そこまで辛さは感じません。赤から鍋で言うところの赤1番か赤2番くらいの辛さ。わからない人は赤からに行こう!

「スタミナ」ということでにんにくも入っているのではないかと思ったのですが、にんにくの味や臭いはない。辛みがあるから「スタミナ」なのだろう。

 

続いて麺。氷見うどんの麺だ。

f:id:s_dango:20160306133724j:plain

つるつるした太めの麺。

食感はもっちもち!そして良いのどごし!

注文後に「鍋底にうどんが焦げついて大事なのどごしが損なわれるのではないか」と不安があったのだが、流石うどんのプロで、焦げつきなど一切なく氷見うどんののどごしの良さが生きている。

コシ強くのどごし良い麺に辛みそスープが絡みウマイ!

 

f:id:s_dango:20160306133733j:plain

鶏チャーシューは辛みそスープとの相性がよく、やっぱりウマイ。

 

f:id:s_dango:20160306134258j:plain

たまごをといてみた。

 

f:id:s_dango:20160306134300j:plain

辛みそスープとたまごがつるつるの麺に絡み、これまたウマイ!

 

なごみ かなや麺業へのアクセス

今回紹介したお店「なごみ かなや麺業」は氷見駅から徒歩20分くらいのところにある。

 食事できるだけでなく、お土産の氷見うどんの乾麺も売っているで氷見うどんを知らない人に普及させよう!

 

 

 おしまい。

*1:讃岐うどん(香川県)、稲庭うどん(秋田県)はほぼ間違いなく「3大」のうちの2つに入る。残りの一枠を氷見うどん(富山県)、水沢うどん(群馬県)、五島うどん(長崎県)、きしめん(愛知県)で争っているような感じ。こんな記事書いてるけど、きしめん頑張れ!