読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

讃岐うどん割烹?香川県高松市の『川福本店』でうどんすき鍋を堪能してきた!

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

讃岐うどん割烹??うどん県でうどんすき鍋を食べる!

香川県高松市

f:id:s_dango:20170115174447j:plain

うどん県こと香川県にやってきた。

で、ここは高松市の兵庫町という商店街。この近くにあるビジネスホテルに好んで宿泊するので、仕事で香川に来るとだいたいこの商店街をふらりと歩いて飯屋を探すことになる。

 

f:id:s_dango:20170115174449j:plain

時間は20時過ぎで、流石に閑散とした雰囲気。飲食店以外はほとんどシャッターを閉めている。

さて香川県といえばやはりうどんなのだが、しかしこの時間帯になるとほとんどのうどん屋は閉まっている。この商店街にもいくつかうどん屋があるのだが、やはり営業時間外の店が多いので、出張マンにとってはなかなか厳しい。

ちなみに以前当ブログでも紹介した『うどん市場』という店は21時まで営業している。

『うどん市場』で香川のグルメうどんと骨付鳥を満喫!

「そこに入ればいいじゃん」というツッコミは勘弁してくれ!

 

川福本店

f:id:s_dango:20170115174525j:plain

商店街をグイグイ真っすぐ進んでいくと、途中で枝分かれしている『LION STREET』という通りが無性に気になった。写真では伝わりにくいが、なんていうか奥の方に飲み屋がありそうな雰囲気が漂っていたのだ!行くっきゃねえ!

 

f:id:s_dango:20170115174524j:plain

そして歩くこと少々、気になるお店を発見!

 

f:id:s_dango:20170115174523j:plain

讃岐うどん割烹 宗家川福本店

讃岐うどん割烹??…あまり考えたこともない組み合わせである。

『宗家』と入っている辺りこの店は間違いない…!

 

食品サンプルが飾ってあったので覗いてみると、

f:id:s_dango:20170115174451j:plain

うどんすき鍋

なにこれ滅茶苦茶おいしそうじゃん! これ食べたい! 

 

というわけで『川福本店』に入ったのであった。

 

川福本店のうどんすき鍋

店に入って「うどんすき鍋が食べたい」とお店の人に伝えると、二階の席を案内してもらった。二階にしかうどんすき鍋を調理するためのガスコンロがないようだ。ちなみに一階では通常のうどんを楽しむことができる。

f:id:s_dango:20170115174520j:plain

うどんすき鍋は(1)鶏、(2)豚、(3)豚+鶏、(4)牛の四種類。今回は鶏肉が食べたかったので鶏を注文した。

 

f:id:s_dango:20170115174519j:plain

そしてテーブルに運ばれてくる鍋とコンロ。

 

f:id:s_dango:20170115174516j:plain

コンロの中は鰹だし。鰹だしのいい香りが…匂いだけで美味しいな! 

 

f:id:s_dango:20170115174518j:plain

鰹だしの中にこちらの具を入れて食べるわけだ!

 

f:id:s_dango:20170115174512j:plain

もちろんうどんもある。

こちらのうどんについては、「生醤油で食べてもいいし、鍋に入れて食べてもいい」とのこと。好きなように食べてくれということだ!

それにしてもこのうどん、若干細めだ。

 

f:id:s_dango:20170115174515j:plain

ひとまず鍋に具を入れて、

 

f:id:s_dango:20170115174510j:plain

その間にうどんを少しだけ生醤油で食べる!

 

f:id:s_dango:20170115174509j:plain

すっごい喉越しが良い!!

食べてみて麺が細い理由がすぐにわかった。喉越しがすごく良い!つるつると喉を通り過ぎていく。この喉越しは麺の細さ故のものだろう。

このうどんはウマイ!

 

f:id:s_dango:20170115174513j:plain

続いて鶏肉。鶏肉のあっさりした味と鰹だしの相性は非常に良い!ウマイ!

 

みんなもくずきりを透明うどんって呼んでたよね!?ね!?

エビは頭も殻も食べるもの!バリバリした食感がいいよね!

白菜が一人前とは思えないくらいに入っていてびびったけど、だしが染みてうまいんだなーこれが!

どことなく牡蠣っぽい柄の麩。これもだしが染みて美味しいのだが、だしが染みすぎて熱すぎ注意!

結構大きなホタテで食べごたえがあった。ところでホタテの味ほど言葉で表現しづらいものはないと思っているのだが、 ただひとつ言えることはホタテはウマイ!ホタテ味ウマイ!

 

f:id:s_dango:20170115174457j:plain

うどんの前にお餅。茹ですぎてかなりドロドロになってしまった…!

 

f:id:s_dango:20170115174454j:plain

そして最後にお待ちかねのうどん!

 

f:id:s_dango:20170115174453j:plain

あまり煮込みすぎないよう、鍋の中で1分ほど煮込んで、

 

f:id:s_dango:20170115174452j:plain

呑水に移してズルズルっと食べる!うまい!

出汁で煮たことにより若干柔らかくなったような気がするが、喉越しは顕在!

生醤油で食べるのも美味しが、出汁で食べるうどんもまた美味しい。特に冬の寒い時期の温かいうどんは一層美味しくなる。

 

うどんすき鍋、鍋もうどんもとても美味しかった!

 

川福本店について 

【住所】香川県高松市大工町2-1(ライオン通り)
【電話】087-822-1956
【営業時間】11:00~24:00

最寄り駅の琴電片原町駅から徒歩で5分ほど。ビジネスホテルが多い兵庫町や瓦町から徒歩10分くらいで行くことができる。

営業時間も遅くまでやっており、仕事の後にも行けるのが出張マンにとって嬉しい!

 

f:id:s_dango:20170115174501j:plain

川福本店でうどんを堪能しよう!

 

※お店の予約やクーポンの情報はホットペッパーやぐるなびで!