読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

営業マンなら、ボールペンにこだわろう

ガジェット 文房具

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

営業マンの心意気とボールペン

高級ボールペンを使う理由

今月、ボールペンに関する記事を二つ投稿した。

ここで紹介している高級ボールペン『ピュアモルト』。

f:id:s_dango:20161101010808j:plain
三菱鉛筆 ボールペン ピュアモルト ダークブラウン 0.7mm SS1015.22 

 

このピュアモルトを購入した理由が二つある。

一つは「一本くらいは愛着の持てる高級感のあるボールペンがほしいなあ」と思ったこと。私は文具が好きでいろいろなボールペンを試してきたのだが、どんなに滑らかに書けるボールペンでも、一本の高級感のあるボールペンの方に魅力を感じてしまう。そこで木の温かみを感じ、使うほどに味が出てくるピュアモルトを選んだ。

そしてもう一つは、「仕事の際にお客様から一筆サインを頂く際に、プラスチッキーなボールペンよりも高級感のあるボールペンのほうが特別感が出るよなあ」と思ったこと。そんなことを気にしている人が本当にいるかどうかは正直分からないのだが、ただ個人的に良いペンを貸してもらったほうがお客様から「大切に想われている」と感じてもらえるのではないかと考えたのだ。

 

ホテルのフロントで…

高級感のあるボールペンのほうが特別感が出る…そんなふうに考えるようになったのは、ビジネスホテルでチェックインをするタイミングだった。

出張に行く頻度が高いのでしょっちゅうビジネスホテルに泊まっている。東横インとかアパホテルとか、大手のビジネスホテルをよく使う。そんなどこにでもあるホテルでも、フロントに置いてあるボールペンは高級感がある。あるときふと「ただサインするだけにしてもプラスチッキーな安っぽいペンより、高級感のあるペンで書いたほうが気持ちいいなあ」と思ったのだ。

それに対して役所などにおいてあるボールペンは安っぽいどころかクリップが折れていたまま放置されている。そりゃあ良いボールペンを置いていたら「市民の税金でなんで高いものを買っているんだ!」と騒ぐ市民が現れそうだが、ボロボロのペンで書類を埋めていくくらいならいっそ書いていて気持ちのいいボールペンを使いたい。

高級感のあるボールペンの方が、安っぽいものよりも握っていて気持ちがいい。書いていて楽しい。そんなふうに思い、高級ボールペンを持ち歩くようになった。

本当に「特別感」を与えることができているかは何とも言えないが、ちょっとしたサービスだと思い、気持よく書いてもらうために、お客様に高級ボールペンをお貸しするよう心がけてるようになった。

 

「滑らかさ 」も両立したい…

もちろんお客様に貸すためだけではなく、自分もそのボールペンを使ってあれこれ書く。だから書き心地にはこだわりたい。これまでアクロボールやビクーニャ、ジェットストリームといった書き心地が非常に滑らかなボールペンを好んで使ってきたので、これだけは譲れない…!

f:id:s_dango:20161101010627j:plain

というわけで、ピュアモルトにジェットストリームの芯を入れて使うようになった。

高級ボールペンは見た目が良くても書き心地が滑らかじゃないから…という理由で手を付けずにいる人も多いと思う。しかしピュアモルトならジェットストリームの芯を入れることでそのこだわりもクリアできる。

見た目も特別、書き心地も特別な一本になるのだ。

ピュアモルトの芯をジェットストリームにしたら理想のボールペンになった

 

最後に

あくまで私自身が「高級感のあるボールペンと安っぽいボールペン、どちらを借りて書いたほうが気持ちが良いか」という考えに至ったので、ピュアモルトを持ち歩き使うようになった。そりゃあ高級感のあるボールペンを借りて書いたほうが嬉しいものだ!

お客様に「特別感」を…それは非常に些細なものかもしれないが、ほんの少しでも「良い」と感じてもらうためにも、営業マンはスーツの裏ポケットに入れるボールペンにこだわってみてはいかがだろうか。