文房具好きがおすすめする文房具まとめ

ドクターグリップやアルファゲル等、中学時代に人気だったシャーペン5本

中学時代に流行ったシャーペン

文房具のブログができました 

文ログ | 主に文房具のブログ

中学生時代とシャーペン

中学生時代、妙にシャーペンにこだわっていなかった?

中学生のころ、シャーペンにドハマリしていたことはないだろうか。

私の通っていた中学では、私を含めてみんなシャーペンにドハマリしていた。

他の文具にこだわる人もちらほらいたが、主役はやはりシャーペン。

使用頻度が圧倒的に高いシャーペンが、他の文具よりも優先されていたように思える。

もはや中二病の一環としか言いようがないくらいに、みんな妙にシャーペンにこだわっていた。

シャーペンが中二心をくすぐってくるのだ。

そんな中二心をくすぐるシャーペンを…。

私の中学時代に学校内で猛威を振るっていたシャーペンたちを紹介したい。

1.ドクターグリップ

通称「ドクグリ」。

ペンを上下に振れば芯が出てくる構造になっており、この「フレフレ機構」の便利さと面白さ故に圧倒的な勢力を誇った。

授業中でもテスト中でも振ったときのカタカタッという音が聞こえたものだ。

このフレフレ機構、(株)パイロットコーポレーションの公式サイトによると、なんと 1978年に登場したらしく、意外と歴史深い。

フレフレ機構歴史と仕組み | 特集記事一覧 | PILOT LIBRARY | PILOT

1985年に発売されたフレフレロッキーというシャーペンは小中学生に大ヒットしたなんてことが書いてあるので、フレフレ機構こそが中二心をくすぐっていると言って間違いないだろう。

さて「ドクター」なんて名前がついているところからも想像できるが、使用者の負担を軽減するようなつくりになっている。

首・肩・腕にやさしいドクターグリップ
ずっと書きつづけていると、手が疲れる、しびれる、肩がこる。そんな悩みと別れるために生まれたのがドクターグリップ。人間工学に基づき、無理なく握れる軸径を採用。筆記時に肩や腕にかかる筋肉への負担を軽減します。

ドクターグリップ | 筆記具 | シャープペンシル | シャープペンシル | 製品情報 | PILOT

ただ、疲れにくいというところを意識して使っている人は皆無。

その代わりに重心的にペン回ししやすいという理由で使っている人は多かった。

デザインがより中二心をくすぐるものとなったドクターグリップGスペック。

グリップがやわらかくなりにぎり心地は良かったが、触りすぎるとブ二ブニになってしまい伸びてしまうので要注意だ。

ドクターグリップ「ジャストミート」というモデルがあり、野球のバットに使われるアオダモで作られているので野球部から人気があった。

私も一時期ジャストミートを使っていたが、普通のプラスチック製ドクグリ製よりも妙に優越感があった。

2.アルファゲル

グリップの部分にやわらかい衝撃吸収ゲルが使われている。

それ故に握ると独特のフィット感がある。

男子も女子もやわらかいものは大好きなので、ドクグリ程ではないものの、かなりの巨大勢力を誇った。

「授業中にグリップを揉んでいたら授業終わってた」という重症患者もいた。

ところでアルファゲルにはゲルグリップというアイデンティティーがあったものの、当時はドクグリのような振ったら芯が出てくる機能がついていなかった。

そんなわけでフレフレ機構が大好きな人はアルファゲルを主力として使うことはほとんどなかった。

しかし一部の「ドクグリとアルファゲルどっちも使いたい派」が、ドクグリのグリップをアルファゲルに魔改造(失敗)していた。

ちなみにペン回し勢からはかなり不評。

個人的にもこのシャーペンは太すぎるしブニブニしているのが何だか気に入らなかった。

それから…私が中学を卒業した後にスリムタイプが登場。

なんと振れば芯が出てくるタイプも登場。

その名も「シャカシャカ機構」というのですが

どう見てもパクリです。

本当にありがとうございました。

3.グレフギア1000

製図用・絵描き用のシャーペンだが、しかし中学生にはそんなことは関係ない!

本体が金属製という時点で中二心がくすぐられる。

そこらのホームセンターで買うと1000円するシャーペン界では割と高級品。

それ故にドグリやアルファゲルほどの勢力は無かったが、存在感は強かった。

またドグリやアルファゲルが熾烈な勢力争いをしている中で、グレフギア1000を使っていた人は高みの見物をしているかのような余裕があった。

ちなみにクリップを押すことでペン先が収納されて、キャップが押し戻されるタイプのペンなのだが…。

f:id:s_dango:20160328224415g:plain

こんな感じでグラフギア1000を使って消しゴム落としをしている集団がいた。

それとグラフギア1000でデコピンというのもあった。

シャーペンで何を遊んでいるのかって感じだが、しかしこれは確かに楽しい…!

金額が金額だけに遊べる機能が付いているというわけだな!

ペン回し勢は…そもそもこのシャーペンを使っていなかった。

4.エススリー

「S3」

圧倒的無難さ。

機能的にはこれといった特徴が無いシャーペン。

ただデザインがシンプルでカラーが豊富

300円と割と手ごろな金額で手に入いり、且つシンプルで豊富なカラーゆえに女子からは割と人気だったシャーペンだった。

私も予備でこのシャーペンを一本ペンケースに入れていた。

ペン先が細く、製図や絵描きにも割と使いやすいモデルなので、落書き用に使っていた。

重心は低くない…というか、そもそも軽い。

芯の太さが0.3ミリのものがあったので、0.3ミリ勢は結構このシャーペンを使っていた。

同級生一のペン回し名人がコレを使っていたので、我が中学のペン回し勢には非常に人気が高かった。

5.レックスグリップ

その辺のコンビニでも100円台で売られているシャーペン。

金額の割ににぎり心地がそこそこ良いし、壊れにくい。

たぶんレックスグリップは「ペンなんて安くてもいいけど壊れにくいのは嫌だ」という層の心を掴みとっていたシャーペンだと思う。

100均とは違うのよ100均とは!

色が豊富で、なぜかこれを5色くらい持ち歩いている猛者がいた。

ちなみに結構ペン回ししやすいシャーペンだと個人的に思う。

ところで

読んでくれた方の中には「あれ、クルトガは?」と思った方もいるのではないだろうか。

実はクルトガは2008年に初登場した商品で、私が中学時代には存在していなかった…残念!

しかし今はクルトガもかなり勢力を強めていることだろう。

もしかしたらドグリやアルファゲルに並ぶ勢力を誇っているかもしれない。

何が凄いってクルトガエンジンだ。

常に芯の先がとがった状態を保てるという驚異のシャーペンなのだ。

それを実現したのがクルトガエンジンというものなのだが、こいつが中二心を最高にくすぐってくる!

ちなみに私は高校時代にクルトガを愛用していたが、クルトガエンジンの圧倒的な魅力で瞬く間にユーザーが増えていき、あっという間に天下を取った驚異的なシャーペンだ。

クルトガエンジンは世紀の大発明と言っても過言ではないのだ!!

最後に

あなたが使っていたシャーペンはあっただろうか。

…いや、あなたの中学校で流行っていたシャーペンはあっただろうか。

誰がどのタイミングで流行らせるかによって大きく勢力が変わってくると考えられるので、学校ごとに結構な違いはありそうだ。

私の中学ではドクターグリップとアルファゲルが「2大勢力」と呼べるくらいには凄かった。

この2大勢力があって、他の細かい勢力が散らばっているといった具合だった。

もしかしたらあなたの学校でもドグリやアルファゲルが猛威を振るっていたのではないだろうか。

いっそのことフレフレ付きゲルグリップ付きのクルトガを出せば中学生にバカ売れするかもしれない。

どうも「フレトガ」なるものを改造で作っている猛者はいるようだが…。

(この記事は中学3年のときに買ったグラフギア1000が出てきたので、中学時代のことを思い出しこんな記事を書いた。)

文房具のブログ

文房具が好きなので、文房具専門ブログ『文ログ』を作ってみた!

いろんな文房具のレビューや紹介記事を掲載しているので是非ご覧あれ!

文ログ | 主に文房具のブログ

【他の文房具関係記事】