読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

ブルーボトルコーヒーはなぜ人気?意識低い系が行ってみた

グルメ グルメ-東京

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

これは意識低い系の25歳男性(独身)の ブルーボトルコーヒー体験談である!

 

ブルーボトルコーヒーへ行こう!

東京を旅行中に半蔵門線に乗ったら清澄白河駅という駅名が目に入った。

「清澄白河ってブルーボトルコーヒーがあるところじゃん!」

ただ単にそんな理由で清澄白河で下りちゃったんだよね!

f:id:s_dango:20160506142500j:plain

 

ブルーボトルコーヒーとは?

ブルーボトルコーヒーはアメリカのカルフォルニア州オークランドに本社を構えているコーヒーショップ。コーヒー本来の価値を重視する潮流「サードウェーブコーヒー」の火付け役とされており、コーヒー界のAppleとか呼ばれている模様

2015年2月に日本に上陸し、
「西海岸で飲む、いつもの味。」
というある人の台詞もあってブルーボトルコーヒーはネットでも色々話題になっていた。そのため「意識高い系が行く店なのでは…」という変な印象がついてしまった。

 

いざブルーボトルコーヒーへ!

さてさてGoogleマップによるとブルーボトルコーヒーへと向かうには清澄白川駅から少々歩くようだ。

住宅街で駅から少し離れたところにあるのに、開店当初は三時間待ちの行列ができていたそうじゃないか。カフェで三時間は並べねーわ。もしブルーボトルコーヒーで並ぶにしても、限界で10分ってところだ。

 

そんなことを考えながら歩くこと数分。

 

f:id:s_dango:20160506150049j:plain

ん?

 

f:id:s_dango:20160506133310j:plain

警備員が立っている。

向かいにパロマのビルがあるから、そこの人かな。大きい会社だと警備員がいて当たり前だからね。

 

f:id:s_dango:20160506133304j:plain

あれ?

 

 

f:id:s_dango:20160506150604j:plain

ブルーボトルコーヒーじゃん!

これが意識高い人の巣窟として有名なブルーボトルコーヒー…!

パロマの警備員じゃなくてブルーボトルコーヒーの警備員だったのか! 

さすがブルーボトルコーヒーだ…!

 

ブルーボトルコーヒーに入店!

f:id:s_dango:20160506133323j:plain

警備員に歓迎されてブルーボトルコーヒーに入店。

列はできていたが混んでいるってわけでもない。1時間くらいなら待とうと意気込んでいたけど、全く心配無用だった。まあこの日が平日の午前中だったからかもしれない…。

 

f:id:s_dango:20160506154056j:plain

席は背の高い長机が4つ並んでいた。

しかし残念なことにドヤ顔でMacBookを出しながら「作業」をしている人が一人もいなかった!

そんなばかな…!聞いていた話と違うぞ!どうなってんだ!

もしかしたらブルーボトルコーヒーはネットの噂ほど意識が高くないのかもしれない…。

 

カウンターの向こう側を見てみる。 

f:id:s_dango:20160506133235j:plain

目の前でドリップしてくれるのか!

ステーキ屋で肉を焼くパフォーマンスに通ずるものがあるな!すぐそこでドリップしてくれるのを実際に見ることができるのは、なんだか安心感がある。これもブルーボトルコーヒーのウリの一つなのだろう。こういうのを見るのって楽しいよね。

 

f:id:s_dango:20160506133302j:plain

ブルーボトルコーヒーの店の奥の方は倉庫みたいになっている。やたら広いスペースだが…豆を保管しているのかな?

ぶっちゃけ席を拡張して回転率上げても良かったんじゃないかと思ってしまったが、これもブルーボトルコーヒーのこだわりなのだろう。

 

f:id:s_dango:20160506133228j:plain

列で待っている間に店員のかわいいお姉さんがメニューを持ってきてくれたので「初めてなんでオススメ教えて下さい!」とお願いしたら、

 

f:id:s_dango:20160506133230j:plain

ホットのドリップコーヒーをオススメしてもらった。

コーヒーの味に自信があるそうだ。さすがブルーボトルコーヒー…!

 

そんなわけで「ベラ・ドノヴァン」とかいうブレンドのドリップコーヒーと、軽食にワッフルを注文。

f:id:s_dango:20160506133316j:plain

注文システムはiPadに入っているようだ。最近タブレットに注文システムを入れているのを結構見かけるようになったけど、なんだか意識高そう!タブレット向けのクレジット決済システムも少しずつ普及が進んでいるよね。

ちなみにクレジットカードは物販のみ利用可能とのこと。※2016年5月時点

 

会計を済ませたら、

「できあがるまでに10分ほどかかります!」

 と聞かされる。

どうやらコーヒー一杯をドリップするのに5分ほどかかるようだ。それに先のお客さんの待ち時間と、ワッフルが焼きあがる時間が加わって約10分ほどになるらしい。すぐに出てくるコーヒー屋に慣れていると遅く感じるけど、でもドリップって確かに時間かかるし普通はこんなもんだよね。

 

待つこと10分少々。

 

f:id:s_dango:20160506133256j:plain

よしきた!

 

ブルーボトルコーヒーの「リエージュワッフル」

f:id:s_dango:20160506133321j:plain

こちらがブルーボトルコーヒーのリエージュワッフルとやら。

熱々で指がアツツツツ!!

 

熱いからさっさと頂きます!

f:id:s_dango:20160506133318j:plain

 

あ、これうまいわ!

 

f:id:s_dango:20160506133306j:plain

表面はサクッとした食感。温めたのではなくちゃんと焼いてくれたんだなーというのが伝わってくる。

味はというと…たまごの味がかなり強い。かなりたっぷりを使っているのだろう。

そして噛んでいるとバニラの香りがふわっとする。よく見ると断面に小さな黒いつぶつぶが見えるね。

 

f:id:s_dango:20160506133312j:plain

うん!このワッフルは美味しい!

頼んで正解だった!やるじゃないかブルーボトルコーヒー!(意識低い系にありがちな謎の上から目線)

 

ドリップコーヒー

f:id:s_dango:20160506133308j:plain

ベラ・ドノヴァンとかいうブレンドのドリップコーヒー。

カップがガラスって辺りが意識高いわー。

 

観察していても語る言葉が出てこないのでさっさと頂きます!

f:id:s_dango:20160506133258j:plain

 

苦味が少ない。

で、フルーティーな酸味と香りが強いコーヒーだ。

 

個人的にフルーティーで酸味のあるコーヒーは大好きなので、このコーヒーはすごく美味しく感じる。ただ酸味が強いので賛否両論・好き嫌いがはっきりしそうなコーヒーだと思う。

 

f:id:s_dango:20160506133300j:plain

これまでゆとりごとでも何度か豆にこだわっているような珈琲屋を紹介してきたが、ブルーボトルコーヒーも豆にこだわっているんだなあ…ということがよく分かる美味しさだ。

「西海岸で飲む、いつもの味」とやらは美味しかったよ!

 

ブルーボトルコーヒーはなぜ人気?

ブルーボトルコーヒーはなぜ人気なのか。

失礼承知なのだが、正直なところ実際にブルーボトルコーヒーで飲食するまでは「Macでドヤれる雰囲気が人気の理由なんだろ!」と思っていたところがあった!まあそういった雰囲気が人気の理由の一つでもあるのかもしれないが、コーヒーも食べ物も美味しいからこそブルーボトルコーヒーは人気なのだろう。

私もスタバやコメダのようなコーヒーチェーンにはよく行くのだが、のんびりするために行くのであって特にコーヒーを楽しみたいから行くわけではない。それに対してブルーボトルコーヒーはのんびりするだけでなく、コーヒーを楽しむために来れる店だと感じた。ワッフルも美味しかった。

つまりブルーボトルコーヒーが人気なのは味だ。コーヒーへのこだわりをしっかり舌で感じられる。

話題性と雰囲気だけではない、ブルーボトルコーヒーには確かな味があるのだ!

 

まとめ

初めてブルーボトルコーヒーに行った感想!

  • 店員の意識は高そうだけど、客はそこまで意識は高くないのかもしれない
  • ワッフルがうまい
  • コーヒーがうまい

ブルーボトルコーヒーがどんなものかなんてネットの情報でしか見たことなかったから、完全に偏見の塊だったよね!

ドヤMacいなくてよかった反面、ちょっぴり残念だった…!

行ってみたらそこまで敷居も高くなかったし美味しかったし、一言でまとめると「よかった!」 よ。

 

結論として、意識低い系でもブルーボトルコーヒーは受け入れてくれる!たぶん!

清澄白河の他にも新宿と青山にあるみたいだけど、そっちは土地的に意識高そうだな!

 

とりあえず意識低くてもブルーボトルコーヒーに行ってみようぜ!

ワッフルは食べておけ!

 

 

ブルーボトルコーヒーオンラインストア

なんとブルーボトルコーヒーが楽天でオンラインショップを出店しているぞ!

つまり自宅でもブルーボトルコーヒーの味を楽しむことができるのだ!

ブルーボトルコーヒーオンラインストアでは、今回私が店舗で頂いたブレンドコーヒー『ベラ・ドノヴァン』や他のブレンドコーヒー、オリジンコーヒーも販売されている。

 

またブルーボトルコーヒーのカップやポットといったグッズも販売されている。

 

「ブルーボトルコーヒーのために東京までは行くのは…」という地方の方も、ブルーボトルコーヒーオンラインストアで購入して美味しいコーヒーを楽しもう!

 

ブルーボトルコーヒーの店舗情報

ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ

 〒135-0023

東京都江東区平野1丁目4−8

※物販のみクレジットカード利用可能とのこと。詳しくはスタッフに訪ねて頂きたい。

 

 ブルーボトルコーヒー青山カフェ

〒107-0062

東京都港区南青山3丁目13−14 カバンドズッカ南青山

 

ブルーボトルコーヒー新宿カフェ

〒160-0022

東京都新宿区新宿4丁目1−6 

 

ブルーボトルコーヒー 品川カフェ

〒108-0075

東京都港区港南 2丁目18−1

アトレ品川 3 階「FOOD&TIME ISETAN」

2016 年11月15日オープン予定

 

ブルーボトルコーヒー六本木カフェ

〒106-0032

東京都港区六本木7丁目7−7

 

ブルーボトルコーヒー目黒カフェ

〒153-0061

東京都目黒区中目黒 3丁目23−16