読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとりごと

ゆとりの団子が綴るグルメと旅行と趣味のブログ

のどぐろは「焼き」が一番うまい

グルメ グルメ-石川

スポンサーリンク


オススメ記事 実用性が高いオススメの文房具20選!
マイルって良いな!ANAマイルで旅行したらもっと貯めたくなった!

北陸に来ると、どうしても食べたくなるのが「のどぐろ」。

正式名称はアカムツですが、のどぐろという呼び方のほうが一般的。

太平洋側ではほとんど出まわらない魚なのですが、錦織圭の「のどぐろがあったら食べたい」発言から一気に知名度が上がった気がします。

 

のどぐろ、私も大好きです。

特に焼き魚にして食べると非常に美味しい。

「魚は焼いたり炙ったりするものよりも刺し身や寿司のように生で食べるのが最高だ」みたいな考えを抱えていたこともありますが、焼きのどぐろの味を知ったらそんな捻くれた考えもどっかに行ってしまいます。

焼いたのどぐろ/炙りののどぐろは白身魚とは思えないほどに身に弾力感があり、そしてジューシーなのです。

 

のどぐろの焼き魚

f:id:s_dango:20160219093245j:plain

そんなわけで焼きのどぐろ

これ一皿で2800円する高級なやつです。

サラリーマンの財布に深刻なダメージを与えるのですが、しかしそれでも「食べたい!」と思わせるほど、このお店の焼きのどぐろは美味しい。

 

さて、焼きのどぐろの何がいいかって話ですが…

身がふっくらとしていてすごくジューシー

f:id:s_dango:20160219093240j:plain

白身魚とは思えないくらいに身がふっくらしていて、食感に弾力があります。

そのふっくらした身から脂が溢れてきて…

この脂が非常にうまいんです。

口にすると上品な脂の味が口いっぱいに広がります。

脂といっても、さらりというか…あっさりしていて、マグロのトロのようなしつこさが全くありません。

白身魚ならではの脂なのでしょう。

f:id:s_dango:20160219093242j:image

こんな感じで脂でテッカテカ!

このジューシーさは白身魚とは思えないほど。

食べると「ああうまひぃ…」。

ふぐのようにふっくらとした食感に、上品な味の脂が堪らなく美味しい…!

日本酒があると幸せになってくる。

f:id:s_dango:20160219093247j:image
というわけで、北陸に行ったらぜひ焼いたのどぐろ/のどぐろの炙りを食べてみてください!

寿司や刺身で食べても美味しいのですが、絶対にのどぐろは「焼き」が一番おいしいですよ!

 

 

以下お店の情報

f:id:s_dango:20160219124533j:plain

五郎八 というお店。

富山で数ヶ月住んでいるときに知ったお店です。

何を食べても美味しく、いつも賑わっています。

 お店の場所は金沢駅から少し離れて、香林坊のあたりになります。

ここの焼きのどぐろは本当にオススメ。

最高に美味しいです。

金沢に行った際は是非寄ってみてください。

 

 

※お店の予約はホットペッパーで!

ホットペッパー